コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルトンヌ マルトンヌ Martonne, Emmanuel de

5件 の用語解説(マルトンヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルトンヌ
マルトンヌ
Martonne, Emmanuel de

[生]1873
[没]1955
フランス地理学者エコールノルマル・シュペリュール (高等師範学校) 卒業。フランス地理学派の創設者ビダール・ド・ラ・ブラーシュの高弟で,彼の女婿でもある。ビダールの遺著『人文地理学原理』を編集した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マルトンヌ

フランスの地理学者。パリ大学教授。国際地理学連合会長。専門は地形学で,アルプスの地形,ニース付近バール川の隆起三角州,乾燥地域の乾燥限界に関する研究などが有名。
→関連項目乾燥指数ビダル・ド・ラ・ブラーシュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マルトンヌ【Emmanuel de Martonne】

1873‐1955
フランスの地理学者。エコール・ノルマル・シュペリウールで歴史,地理を学び,文学博士号,理学博士号を得た。レンヌ(1899),リヨン(1905)各大学教授を経て1909年パリ大学文学部教授となり,35年間自然地理学を担当。P.ビダル・ド・ラ・ブラーシュの高弟で女婿。人文地理学のA.ドマンジョンと並んでフランス地理学の発展に大きな功績を残す。彼は偉大な組織者であり,優れた研究者でもあった。組織の面では,従来諸学科に分属研究されていた地理学の諸分野をまとめて再組織し,パリに地理学研究所を開設(1923),地理学を名実ともに統一独立させたこと,年1回催される大学連合エクスカーションの組織に成功したこと(1906),《地理学年報》の編集指導により同誌を発展させたこと,などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マルトンヌ【Emmanuel de Martonne】

1873~1955) フランスの地理学者。年降水量と年平均気温の比からなる乾燥指数を考案。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルトンヌ
まるとんぬ
Emmanuel de Martonne
(1873―1955)

フランスの地理学者。1892年高等師範学校に入学、ブラーシュの指導を受け、また女婿となる。レンヌ、リヨン大学を歴任して、1909年パリ大学の教授に就任、1918年にはブラーシュの後を継いで1944年退官まで地理学教室を主宰した。また1938~1949年は国際地理学連合(IGU:International Geographical Union)会長を務めた。地理学の多方面にわたる著書、論文があるが、『自然地理学概論』Trait de gographie physique(1925)が代表作である。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマルトンヌの言及

【地形学】より

…リヒトホーフェンの後を継いだA.ペンクは《地表形態学》を著し,ドイツ派の地形学に基盤をおいた。少し遅れてフランスでは地質学者のラパランAlbert Cochon de Lapparent(1839‐1908)と地理学者のE.deマルトンヌが,ジュースとペンクのような関係で,フランス学派の建設者となり,マルトンヌは地形学の教科書のほかに,中部ヨーロッパやフランスのすぐれた地形誌を著している。アメリカではヨーロッパとは別に地形学が発達した。…

【農業】より

…【御園 喜博】
〔農業の歴史〕

【気候と農法】
 農業に最も大きな影響を与えるのは気候,とくに乾燥か湿潤かということである。乾燥か湿潤かを決めるのは気候学であるが,最も普通に使われるのは,フランスの地理学者であり気候学者でもあったE.deマルトンヌの考え出した乾燥指数である。それはI=R/(T+10)という数式によるもので,Iは乾燥指数,Rは一定期間の積算雨量をmmで,Tは同一期間の平均気温を℃で表したものである。…

※「マルトンヌ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルトンヌの関連キーワードダルブーフェーブルブートルーベルトロマティエパンルベリボグルサビダル・ド・ラ・ブラーシュブリューヌ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone