マーシャルのk(読み)マーシャルのケイ(英語表記)Marshallian k

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーシャルのk
マーシャルのケイ
Marshallian k

マネー・サプライ名目国民所得で割った比率。マネー・サプライの範囲は国によって異なるが,日本では現金通貨預金通貨定期性預金譲渡性預金 CDの合計額(M2+CD)が用いられる。マーシャルのkは適正な通貨供給量を決定するための一つの指標として,金融政策上の重要な概念とされてきたが,近年ではむしろマネー・サプライの増加率そのものが重視されるようになってきている。マーシャルのkの逆数は「貨幣の流通速度」と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マーシャルのk【マーシャルのケー】

マネー・サプライ(通貨供給量)を名目国民所得で割った比率のこと。適正なマネー・サプライを決定する際の一つの指標として金融政策の上で重要な概念。A.マーシャル貨幣,信用,商業》(1923年)で提唱された。マーシャルのkの逆数は〈貨幣の流通速度〉と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android