コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーシャルのk マーシャルのケイMarshallian k

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーシャルのk
マーシャルのケイ
Marshallian k

マネー・サプライ名目国民所得で割った比率。マネー・サプライの範囲は国によって異なるが,日本では現金通貨預金通貨定期性預金譲渡性預金 CDの合計額(M2+CD)が用いられる。マーシャルのkは適正な通貨供給量を決定するための一つの指標として,金融政策上の重要な概念とされてきたが,近年ではむしろマネー・サプライの増加率そのものが重視されるようになってきている。マーシャルのkの逆数は「貨幣の流通速度」と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マーシャルのk【マーシャルのケー】

マネー・サプライ(通貨供給量)を名目国民所得で割った比率のこと。適正なマネー・サプライを決定する際の一つの指標として金融政策の上で重要な概念。A.マーシャル《貨幣,信用,商業》(1923年)で提唱された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

マーシャルのkの関連キーワードマーシャルのK(Marshallian k)マーシャルのk貨幣数量説貨幣主義物価

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android