コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーベル マーベルMarvell, Andrew

5件 の用語解説(マーベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーベル
マーベル
Marvell, Andrew

[生]1621.3.31. ヨークシャー,ワインステッド
[没]1678.8.18. ロンドン
イギリスの詩人,政治家。ケンブリッジ大学出身。ヨーロッパ大陸を旅行したのち,フェアファックス卿の娘の家庭教師となり,その間『庭園』 The Gardenを含む多くの抒情詩を書いた。政治的には,『クロムウェルアイルランドからの帰還を祝うオード』 Horatian Ode upon Cromwell's Return from Ireland (1650) にみられるように清教徒側に属し,クロムウェル政権のラテン語書記としてミルトンを助け,王政復古後も迫害されるミルトンを擁護した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マーベル
マーベル

「ミッチェル,D. G.」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マーベル

英国の詩人。ピューリタンとなって愛国的な《クロムウェルのアイルランドからの帰還に寄せる歌》を歌い,また《庭》《内気な恋人》などで形而上詩人として円熟した知性を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マーベル【Andrew Marvell】

1621‐78
イギリスの詩人。ヨークシャーの国教会派牧師の家に生まれ,ケンブリッジ大学に学ぶ。若いころの一時期カトリック教徒になったともいわれ,政治的心情も王党派寄りであったが,やがてピューリタン(清教徒)革命の進展につれてピューリタン陣営に参加するようになり,革命と共和政の挫折後も,主義を変えなかった。抒情詩人としての詩才は,1650‐52年を中心とする数年間に開花したようである。そのとき彼は,クロムウェルと意見を異にして故郷のヨークシャーに隠棲した元議会派軍総司令官トマス・フェアファクス卿の娘の家庭教師として,アップルトン邸と呼ばれる屋敷に滞在し,その美しい庭園や周囲の自然を,深い思いをこめて歌った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーベル
まーべる
Andrew Marvell
(1621―1678)

イギリスの詩人、政治家。ヨークシャーの牧師の家に生まれ、ケンブリッジ大学卒業後、大陸を旅行。ピューリタン革命収拾のめどのついたころに帰国したが、まだ王党派的心情を残していた。1650年『ホラティウス風オード』でクロムウェルをたたえ、犠牲者チャールズ1世をも同時に哀惜している。1650~1652年、隠退した元議会派軍総司令官フェアファックス卿(きょう)の娘の家庭教師として、ヨークシャーのアップルトンに滞在。優れた叙情詩の大半はこの時期に書かれたと推測される。詩風は学殖と典雅な機知に富み、形而上(けいじじょう)派詩の伝統の最後を飾るが、ダンよりも穏やかである。『庭』と題する作品にみられるように、自然美への傾倒が著しい点もダンと異なる。1653年、はっきりとクロムウェル陣営に参加。1657年ミルトンの助手に任ぜられ、王政復古後にはこの大詩人の命を助けたといわれる。王政復古期の国会政治に、愛国的な清教徒議員として野党の立場を貫いた。作風は激越な政治風刺詩へと変わり、形而上詩の伝統の終焉(しゅうえん)を告げている。[川崎寿彦]
『星野徹編訳『アンドルー・マーヴェル詩集』(1989・思潮社) ▽川崎寿彦著『マーヴェルの庭』(1974・研究社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マーベルの関連キーワード西インド会社フェリペ[3世]フェリペ[4世]大間のマグロマシニングセンター有馬家天草四郎織田有楽加藤盤斎木下順庵

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マーベルの関連情報