コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロトーム ミクロトーム microtome

翻訳|microtome

7件 の用語解説(ミクロトームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロトーム
ミクロトーム
microtome

透過顕微鏡標本 (プレパラート Präparat) をつくるため鋭利な鋼刃で生物体組織を薄く切る装置。材料は,均等な厚さに切るため,場合に応じてパラフィンなどの中に固定,または圧縮炭酸ガスを吹きつけ凍結しつつ切る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミクロトーム(〈ドイツ〉Mikrotom)

顕微鏡で観察する動植物体の組織の切片を作成するための切断器械。数~数十マイクロメートル程度の薄さに切ることができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミクロトーム

顕微鏡標本を作るために生物組織を薄く切断する装置。組織はあらかじめ凍結するか,パラフィンやセロイジンなど切りやすい物質中に包埋する。ミクロトームは刃を動かす方式と,組織塊を上下させる方式とに大別され,また包埋剤の種類などによっていくつかの型が区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ミクロトーム

 顕微鏡での観察のための試料を作成するため,試料を薄い切片に切る装置.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミクロトーム【microtome】

ミクロmicroは微細,トームtomeは切断の意。顕微鏡観察用プレパラートを作るために生体組織を薄い切片とするための装置。目的によって各種のミクロトームが考案されている。植物体の解剖学的観察のための切片は,生のままの組織を固定して徒手で切片とするハンドミクロトームや,鋼鉄の刃をすべらせて切断するスライディングミクロトームを用いて作る。動物組織を化学的処理を経ることなく切片とするためには,組織を凍結したまま切断する凍結ミクロトームが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミクロトーム【Mikrotom】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクロトーム
みくろとーむ
microtome

動植物の器官や組織、胚(はい)などの標本を薄切するのに用いられる器械。動植物の体は多数の細胞から成り立っているので、体の成り立っているようすを知るためには、細胞の形態、配列の仕方、細胞間物質の様態などを調べる必要がある。このために組織学では、各種の標本をおよそ細胞一層分の厚さ(数マイクロメートル)に薄切し光学顕微鏡で調べる。いろいろな形式のミクロトームがあるが、いずれも三つの部分から成り立っている。鋭い刃(およびこれを保持する部分)、この刃を標本に向かって、あるいは刃に向かって標本を駆動する部分、標本をある定められた厚さに送り出す部分である。数マイクロメートルという微細な厚さを送り出すためには、斜面やねじが巧妙に組み合わされて使われる。とくに、垂直に固定された刃に向かって標本を押し下げて切り、ふたたび標本を持ち上げるための力を利用して、標本台に直結しているピッチのごく小さな精密なねじをわずかに回転前進させ標本を送り出す方式のものが使われることが多い。電子顕微鏡による観察に必要な薄さ(10分の1マイクロメートル以下)の切片を得るのには超ミクロトームが使われる。[竹内重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミクロトームの言及

【マイノット】より

…ハーバードで組織学,発生学を研究し92年同教授。1886年顕微鏡用の切片標本を作るための自動回転式ミクロトームを発明し,広く各国で使用された。97年全米科学アカデミー会員に選ばれ,また全米科学振興協会など多くの学会の会長を務めた。…

※「ミクロトーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミクロトームの関連キーワードミクロ分析ミクロボディオミクロンミクロゾームミクロ潜航作戦ミクロ・パークミクロソームエタノール酸化系ミクロントジェナスウルトラミクロトーム

ミクロトームの関連情報