コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンストレル minstrel

翻訳|minstrel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンストレル
minstrel

(1) 12~15世紀に活躍したフランスの世俗音楽家。フランスではメネストレル ménestrelと呼ばれた。元来,踊り手や軽業師などを含むこともあったが,正確には楽器の奏者を意味し,トルバドゥールや貴族に仕えて楽器を弾き,歌う身分の低い職業音楽家をいった。 1313年にイープルにミンストレルの学校が設置されてから,各地に学校ができたが,多くは楽譜を読まず,即興的な演奏をした。 14~15世紀にはフランス,イギリス,ドイツの都市でギルド的な組合を形成して栄えたが,17世紀にほとんど消滅した。 (2) 現在では,広く軽演劇やショーの芸人をいう。アメリカでは黒人の生活を滑稽にまねする白人のショーであったが,のち黒人によるミンストレル・ショーが主流になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミンストレル(minstrel)

中世ヨーロッパの封建諸侯に仕えた職業的楽人吟遊詩人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミンストレル

西洋中世の職業芸人,音楽家で,ラテン語のministerialis(勤務する者)を語源とする。トルバドゥールトルベールミンネゼンガーと呼ばれた詩人兼作曲家の伴奏を務めることが多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミンストレル【minstrel】

ラテン語のministerium(勤務)あるいはministerialis(勤務する者)から派生したフランス語メネストレルménestrelに由来する語で,中世においては,一般に職業芸人,とくに音楽家を意味した。 11世紀末から南フランスでトルバドゥール,12世紀末からは北フランスでもトルベールと呼ばれ,おもに領主,貴族,騎士などの特権階級に属する詩人兼作曲家たちによって,世俗語による単旋律世俗歌曲がその芸術的開花をみたが,メネストレルは,放浪芸人ジョングルールとは異なり,封建領主,貴族などの一定のパトロンに雇われ,彼らの城館でおのおの得意な楽器を演奏したり,トルバドゥールやトルベールの作品を歌ったり,伴奏したりする人々を指した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミンストレル【minstrel】

中世ヨーロッパの宮廷に仕えた職業的音楽家。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミンストレル
みんすとれる
minstrel英語
Minstrelドイツ語

中世ヨーロッパで活躍した職業音楽家、芸人。フランスではメネストレルmnestrelまたはメネストリエmnestrierとよばれた。王侯貴族などに抱えられて、とくに騎士歌人らの作品を演奏したと考えられ、特定の楽器の演奏技巧に長(た)けた者が多かった。中世後期には、都市に定着して組合を組織する場合がしばしばみられた。しかし、その実態は地域や時代によって違いがあり、演奏の形態などははっきりとしたことがわかっていない。またイギリスでは、上流の騎士歌人やジョングルール(jongleur主人をもたない職業的芸能人)なども含めてよぶことが多かった。17世紀以後はみられなくなるが、ミンストレルの語は、民衆音楽家という広い意味で用いられ続けた。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミンストレルの関連キーワードフォスター(Stephen Collins Foster)ジョーダン(Louis Jordan)ウイルバー スウェットマンバージニア・ミンストレルペリー ブラッドフォードジョージ ミッチェルロマンシング サ・ガミンストレル・ショージャスパー テイラーグリーン・グリーンケニー ロジャーズW.C. ハンディアイルランド音楽アル ジョルソンベッシー スミスタップ・ダンスケークウォークジム・クローウィリアムズショーボート

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミンストレルの関連情報