コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーマーンサー学派 ミーマーンサーがくは Mīmāṃsā

6件 の用語解説(ミーマーンサー学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーマーンサー学派
ミーマーンサーがくは
Mīmāṃsā

インドの正統哲学学派の一つ。ベーダ聖典のなかに規定されている祭祀や儀礼の実行の意義を哲学的に考察する。開祖はジャイミニ,根本聖典は『ミーマーンサー・スートラ』。ベーダ聖典の絶対的権威を認め,語常住論を主張する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミーマーンサー‐がくは【ミーマーンサー学派】

《〈梵〉mīmāṃsāは思量・考究の意》インド六派哲学の一。開祖はジャイミニベーダ聖典に絶対的権威を置き、祭祀の実行によって果報を得ると説いた。根本経典は「ミーマーンサー‐スートラ」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミーマーンサー学派【ミーマーンサーがくは】

インド六派哲学の一つ。ミーマーンサーMimansaとは〈考究〉の意で,ベーダ聖典に規定されている祭式の実行の意義を哲学的に研究し,統一的解釈を与える学派。開祖は前200年から前100年ころのジャイミニ,根本経典は《ミーマーンサー・スートラ》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミーマーンサーがくは【ミーマーンサー学派】

紀元前後に成立したインドの六派哲学の一派。サンスクリットミーマーンサカMīmāṃsakaと呼ばれる。古く,ベーダ聖典の解釈学的研究は,一般に〈ミーマーンサー(考究)〉と呼ばれたが,なかでも,ベーダ聖典のうち祭式を規定した部分(祭事部)を考究する学問は祭事ミーマーンサーと呼ばれ,ときにベーダ聖典の知識部を考究するブラフマ・ミーマーンサーに対して〈前ミーマーンサー〉と呼ばれる。このブラフマ・ミーマーンサー(後ミーマーンサー)の伝統を継承したのがベーダーンタ学派で,前ミーマーンサーの伝統を継承したのがミーマーンサー学派であり,両学派は互いに補助しあいながら,正統バラモン教哲学学派の中核を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミーマーンサーがくは【ミーマーンサー学派】

インドの正統バラモン系統の一学派。六派哲学の一。開祖はジャイミニ。根本経典は「ミーマーンサー-スートラ」。ベーダ聖典を天啓として絶対視し、祭祀に関する部分を特に研究する。宗教的・道徳的義務(ダルマ=法)について考察し、さらにその実践により、生天(解脱)が約束されると説く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミーマーンサー学派
みーまーんさーがくは
Mms

インド六派哲学の一つ。ベーダーンタ学派と姉妹関係にある。ベーダ聖典の権威とそれに規定されるダルマ(宗教的義務)すなわち祭祀(さいし)の実行を重視するという意味でもっとも正統的な学派。祭祀実行上の細部に関する諸説間の矛盾を、除去統一するための論議考究は古くから行われ、ミーマーンサー(考究)とよばれたが、その伝統のなかから祭祀実行の意義一般を中心に哲学的・解釈学的論議が積み重ねられ、体系化され、学派として成立したものである。開祖とされるジャイミニは、学派の根本経典である『ミーマーンサー・スートラ』の作者ともされる。この書に対して、シャバラスバーミン(550ころ)が『ミーマーンサー・スートラ注解』を著した。さらにそれに対して、クマーリラ(650―700ころ)とプラバーカラ(700ころ)がそれぞれ復注を書いて、バーッタ派、グル派の祖となった。
 ミーマーンサー学派では、ことばは永遠であると考え、ことばからなるベーダ聖典も作者をもたぬ永遠の存在であると主張する。その過程で絶対神の存在を否定、神々は祭祀を完璧(かんぺき)に遂行するための道具立ての一つにすぎぬとした。また、祭祀の果報は、祭祀実行直後に祭主に新たに生ずる余力を介して将来かならず実現されると考え、その果報の享受者としてのアートマン(我)の存在を主張した。解脱(げだつ)のための実践としては、知行併合論(ちぎょうへいごうろん)的立場をとる。また、この学派で確立した聖典解釈上の諸原則は法典解釈の場などでも援用され、普遍的な価値を認められている。[倉田治夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミーマーンサー学派の言及

【インド哲学】より

…(4)バイシェーシカ学派 ニヤーヤ学派と密接な関係があり,実体,属性など六つの範疇を立てて現象界の構成を明らかにしようとし,原子論を説き,インドの自然哲学を代表する。(5)ミーマーンサー学派 ダルマ(法)の研究を目指し,ベーダの規定する祭礼・儀礼の実行の意義を哲学的に考究する。(6)ベーダーンタ学派 ミーマーンサー学派と密接な関係にあり,ウパニシャッドの主題ブラフマンの考究を目指し,宇宙の根本原理として純粋に精神的原理ブラフマンのみを想定する。…

【語常住論】より

…古代インドのミーマーンサー学派,ベーダーンタ学派,文法学派が主張した説。言葉は常住,ないし言葉と意味の結合関係は永遠不変であるとする。…

【実在論】より

観念論【茅野 良男】
[インド]
 インドでは,古来,日常使われる言葉の対象(常識に考えられている世界の諸相)が実在するか否かについて,激しい論争がたたかわされてきた。実在すると主張する側の代表は,ニヤーヤ学派,バイシェーシカ学派,ミーマーンサー学派などである。それによれば,個物はもちろんのこと,普遍とか関係とかも実在することになる。…

【プラバーカラ】より

…インド哲学,ミーマーンサー学派の学匠。700年ころの人で生没年不詳。…

※「ミーマーンサー学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミーマーンサー学派の関連キーワードイーシュバラクリシュナインド哲学ガルベ木村泰賢六派哲学迦毘羅仙紀元前終り値ニヤーヤヨーガ派

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone