ミール(読み)みーる(英語表記)Mir

翻訳|Mir

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミール(宇宙ステーション)
みーる
Mir

旧ソ連が1986年に打ち上げた軌道科学宇宙ステーション。ソ連崩壊後はロシアが管理。ミールはロシア語で「平和」という意味。有人、無人の宇宙船とドッキングするための結合ユニットを6基もつ、大規模な「宇宙基地」で、「第三世代の宇宙ステーション」ともいわれた。ミール本体は直径約4メートル、長さ約13メートル、重さ約20トンだが、ドッキングを繰り返し、全長約30メートル、総重量約130トンに及んだ。最大9人が暮らせるが、飛行が長期にわたる場合などは5、6人が適当とされた。1986年2月にバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、以後、ソユーズやサリュートとのドッキングを続けるなど活発な活動を行った。1988年12月には、ソ連飛行士2人が1年間という宇宙滞在記録を樹立。また1992年3月には、ソ連崩壊のあおりをうけて滞在を余儀なくされていた飛行士が313日ぶりに地球に帰還するというニュースもあった。その後、国際宇宙ステーション建設の実験のためスペース・シャトルとのドッキングなどを行った。老朽化が激しく、2000年春の廃棄が決定されたが、2000年に入ると、外国の民間資金を調達して運用期間を延長する計画が動き出した。しかし、12月ロシア政府は廃棄を正式に決定。2001年3月ミールは南太平洋上に落下した。[長沢光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミールの関連情報