コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド・アリー朝 ムハンマド・アリーちょう Muḥammad `Alī

2件 の用語解説(ムハンマド・アリー朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムハンマド・アリー朝
ムハンマド・アリーちょう
Muḥammad `Alī

ムハンマド・アリーを始祖とするエジプトの王朝 (1805~1952) 。ムハンマド・アリーヨーロッパの諸制度をいちはやく導入して近代化を進め,産業独占体制を築いて富国強兵をはかった。第4代サイードは 1856年にスエズ運河開削利権を F.レセップスに与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムハンマド・アリー朝
むはんまどありーちょう

エジプト最後の王朝(1805~1953)。ナポレオン占領期のエジプトへ、オスマン帝国傭兵(ようへい)隊長として派遣されたムハンマド・アリーは、1805年エジプト総督(ワーリー)に任命され、ここにアリー一族によるエジプト支配体制=ムハンマド・アリー朝が成立した。アリーは当初、オスマン帝国支配からの独立ばかりではなく、エジプト帝国づくりにも意を注ぎ、富国強兵・殖産興業政策に取り組み、海外領土拡張を企てたが、40年ヨーロッパ列強の干渉で挫折(ざせつ)した。アリー王朝支配は19世紀後半、対外依存の近代化でエジプトの植民地化に道を開いた。82年アラービーの反乱で、エジプトがイギリスの軍事占領下に入ると、王朝は国民の間で「外国人王朝」の烙印(らくいん)を押され、1952年エジプト革命で打倒され、翌53年エジプト共和国が成立した。[藤田 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムハンマド・アリー朝の関連キーワードエジプト鼠エジプト綿ナギブムハンマドアブドゥフムハンマドアリーガーマムハンマドアリムハンマドアリーモスクヘディーウムハンマド・アリームハンマド・アリー朝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone