コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムルロア環礁 ムルロアかんしょう Mururoa

6件 の用語解説(ムルロア環礁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムルロア環礁
ムルロアかんしょう
Mururoa

南太平洋,フランス領ポリネシアガンビエ諸島にある環礁。かつてココヤシが栽培されていたが,1963年にフランスの核実験地に決り,無人となった。 66年に核実験開始,75年以降は地下実験が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ムルロア‐かんしょう〔‐クワンセウ〕【ムルロア環礁】

Mururoa》南太平洋、フランス領ポリネシア、トゥアモトゥ諸島にある環礁。近隣のファンガタウファ環礁とともに、1966年から1996年まで核爆発実験場だった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムルロア環礁【ムルロアかんしょう】

南太平洋,フランス領ポリネシアのトゥアモトゥ諸島に属する人口3230人(1995)の環礁。タヒチ島南東約1200km。フランスは1966年7月から1974年までの9年間に,この環礁と,その南方約30kmにあるファンガタウファFangataufa環礁とで41回の大気圏内核実験,1975年―1996年5月には二つの環礁で153回の地下核実験を行った。
→関連項目グリーンピーストゥアモトゥ[諸島]パペエテ非核独立太平洋会議フランス領ポリネシア南太平洋フォーラムラロトンガ条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ムルロアかんしょう【ムルロア環礁 Atoll de Mururoa】

南太平洋のフランス領ポリネシア,トゥアモトゥ諸島中の一環礁。ラグーン(礁湖)を含めて長さ約27km,幅13km。南方約30kmのファンガタウファ環礁Atoll de Fangataufaとともに,1963年から96年までフランスの核実験場となった。フランス領ポリネシアの経済はコプラ生産や観光収入とともに,核実験に伴う諸施設,活動に関係した収入に支えられ,この環礁が経済に占める比重は小さくなく,観光と核実験は政治的レベルの対立にまで発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ムルロアかんしょう【ムルロア環礁】

〔Mururoa〕 南太平洋、ツアモツ諸島中の環礁。フランス領。1963年以来、核実験場。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムルロア環礁
むるろあかんしょう
Atoll de Mururoa

南太平洋、フランス領ポリネシア、ツアモツ諸島の南東部にある環礁。東西27キロメートル、南北13キロメートル。1966年から74年まで41回にわたりフランスの大気圏内核爆発実験が行われた。のち世界各地からの抗議により、実験は南32キロメートルのファンガタウファFangataufa環礁の地下爆発に変更された。実験は92年に中断されたが、95年9月再開1回目の実験がムルロア環礁で実施された。96年1月に再開6回目(通算181回目)の実験がファンガタウファ環礁で行われた後、フランスは実験の終了を宣言。同年12月にはムルロア環礁の実験施設も閉鎖された。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のムルロア環礁の言及

【トゥアモトゥ[諸島]】より

…2度の世界大戦の影響もここまでは及ばなかった。トゥアモトゥが世界の関心を集めたのは,63年にフランス政府がここのムルロア環礁での核実験開始を宣言してからであった。【石川 栄吉】【斉藤 尚文】。…

【フランス領ポリネシア】より

…とくにCEP関連の投資がGDPの半分を占める時期もあった。アメリカ,ロシアが核実験を停止するなかで,フランスは95年秋から96年初めにかけてトゥアモトゥ諸島のムルロア環礁などで第6次核実験を強行したため,反対派による騒乱事件が起き,オーストラリア,ニュージーランド,アメリカ,日本などからの観光客が激減した。96年1月の実験を最後に核実験場は閉鎖され,南太平洋でのフランスの孤立はようやく終わった。…

※「ムルロア環礁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムルロア環礁の関連キーワードソシエテ諸島タヒチ島フランス領ポリネシアポリネシア語派トライネシアヘイヴァイタヒチソシエテ[諸島]タヒチ[島]トゥアモトゥ[諸島]マカテア[島]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムルロア環礁の関連情報