コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムル石 ムルせき mullite

3件 の用語解説(ムル石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムル石
ムルせき
mullite

3Al2O3・2SiO2 。斜方晶系の鉱物。C軸方向に伸びた柱状結晶。無色ないし淡紅色。比重 3.0。高温条件下で安定。ケイ線石とよく似た構造をしており,性質もほとんど同じであるため,古くはケイ線石とまちがえられていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ムル‐せき【ムル石】

ムライト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムル石
むるせき
mullite

ネソ珪(けい)酸塩鉱物の一つ。高温・低圧条件下で安定する。針状ないし細柱状の結晶で珪線(けいせん)石と鉱物学的性質がよく似ているため、昔は区別がされていなかった。カナダのボーエンNorman Levi Bowen(1887―1956)がムル石相当の物質を合成して珪線石と別のものであることを発見した。その後スコットランドのマル島Isle of Mullで玄武岩に捕獲され高温の変成作用を受けた泥質岩片中から発見され、天然での産出が確認された。原産地以外でも、玄武岩、ドレライト(粗粒玄武岩)、斑糲(はんれい)岩中の捕獲岩片中、高温の接触変成作用を受けたアルミニウムに富む岩石中に産出例がある。日本では浅間山の捕獲岩中に産する。なお、耐火れんが、磁器、スラグslag(鉱滓(こうさい))などの中にはごく普通にムル石相当の物質が存在している。英名は原産地マル島にちなむ。和名は発音から本来なら「マル石」となるべきであるが、従来の慣習でムル石となっている。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムル石の関連キーワード斜方晶系正方晶系単軸結晶白鉛鉱立方晶系二酸化チタン直方晶系板チタン石ヒューマイトラヴェス相

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone