コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メギ(目木) メギBerberis thunbergii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メギ(目木)
メギ
Berberis thunbergii

メギ科の落葉小低木。関東地方以西に分布し,山野に生える。高さは 2mぐらいになり,多数分枝する。枝には稜があり,鋭いとげがある。葉は小型で倒卵形または長楕円形で,節ごとに密に集ってつく。春に,枝端から散房花序あるいは散形花序をなして黄色の数花を下向きにつける。萼,花弁とも6枚で長楕円形,6本のおしべがある。材は黄色く,小蘗 (しょうばく) といって苦味健胃剤とするほか,枝葉の煎汁 (成分としてアルカロイドなどを含む) を洗眼剤として用いる。この属の植物は北半球南アメリカに多くの種類がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone