メタン・ハイドレート(読み)メタンハイドレート

百科事典マイペディア「メタン・ハイドレート」の解説

メタン・ハイドレート

水分子にメタンが結合し,シャーベット状になったもの。メタン水化物とも。メタンは炭素含有量が少なく,比較的クリーンな未来の天然ガス資源として注目されている。主に水深200m以深の大陸棚縁辺部,シベリアなどの永久凍土の下に存在。日本近海では,南海トラフオホーツク海などに存在すると考えられ,日本周辺の埋蔵量は,現在の日本の天然ガス使用量に換算して100年分にもおよぶと推定されている。国内での研究は,工業技術院地質研究所で1970年代から始まり,1999年度に基礎試錐を実施することを目指し,探鉱・掘削技術の開発が進められている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報