コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタ メタ meta

4件 の用語解説(メタの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

メタ(meta)

《間に、変化して、後退して、などの意のギリシャ語から》
ベンゼン環の二つの置換基の位置が一位および三位にあること。→オルトパラ
酸素酸のうち、水和の程度の低いもの。メタ酸。
他の語の上に付いて複合語を作り、超越した、高次の、の意を表す。「―言語」「―メッセージ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メタ【meta】

〈間に〉〈後に〉を意味するギリシア語metaに由来する接頭語。同種化合物間のいろいろな違いを表すため,オルトパラとともに用いられる。(1)置換ベンゼンにおいて二つの置換基が1位と3位にあることを示す。置換基は同種でも異種でもよい。m‐キシレン,m‐クレゾールのように略記する(下式参照)。この用法は芳香族化合物一般にも用いる。(2)酸素酸の分類に用いられ,水化度が最も低いものをいう。(3)ある種の重合状態を表すのに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メタ【meta】

他の語の上に付いて、「間に」「超えて」「高次の」などの意を表す。 「 -言語」 「 -化合物」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタ
メタ

オルト」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メタの関連キーワードギリシア体操フュシス唯物論ロゴスヘリコプターテオリアガスムロスディプテュコンライトゥルギー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メタの関連情報