コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタ meta

デジタル大辞泉の解説

メタ(meta)

《間に、変化して、後退して、などの意のギリシャ語から》
ベンゼン環の二つの置換基の位置が一位および三位にあること。→オルトパラ
酸素酸のうち、水和の程度の低いもの。メタ酸。
他の語の上に付いて複合語を作り、超越した、高次の、の意を表す。「メタ言語」「メタメッセージ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

メタ【meta】

〈間に〉〈後に〉を意味するギリシア語metaに由来する接頭語。同種化合物間のいろいろな違いを表すため,オルトパラとともに用いられる。(1)置換ベンゼンにおいて二つの置換基が1位と3位にあることを示す。置換基は同種でも異種でもよい。m‐キシレン,m‐クレゾールのように略記する(下式参照)。この用法は芳香族化合物一般にも用いる。(2)酸素酸の分類に用いられ,水化度が最も低いものをいう。(3)ある種の重合状態を表すのに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

メタ【meta】

他の語の上に付いて、「間に」「超えて」「高次の」などの意を表す。 「 -言語」 「 -化合物」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタ

オルト」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メタの関連キーワード金属カルボキシペプチダーゼニトロソメタンフェタミンgun metallicエラン・メタリックメタリン酸カリウムメタボリック症候群増加博士と目減卿メタリック筆ぺん視覚的メタファーメタクレゾールパラクレゾールスーパー無煙炭メタルケーブルメタフィジック内臓脂肪症候群ガラス状リン酸アクリル樹脂芳香族化合物メタファイルヘビーメタル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メタの関連情報