コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーヌドビラン Maine de Biran

デジタル大辞泉の解説

メーヌ‐ド‐ビラン(Maine de Biran)

[1766~1824]フランスの哲学者。本名、フランソワ=ピエール=ゴンティエ=ド=ビラン(François Pierre Gontier de Biran)。観念学派から出発し、主意主義に進んだが、晩年は神秘主義に近づいた。著「思考能力に及ぼす習慣の影響」「心理学の基礎」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メーヌドビラン【Maine de Biran】

1766~1824) 〔本名 Marie François Pierre Gontier de Biran〕 フランスの哲学者。内省的方法による感覚や習慣の分析を通じ、意識の運動性を「努力」として把握。晩年には、恩寵の働きかけに対し受動的な「精神の生」を論じた。著「心理学の基礎」「新人間学試論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

メーヌドビランの関連キーワード浮世草子モラリストゴヤ(年譜)ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちドールトン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ジングシュピール中興俳諧ナンシー(フランス)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android