メーヌ・ド・ビラン(英語表記)Maine de Biran

  • 1766―1824
  • めーぬどびらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1766.11.29. ベルジュラック
[没]1824.7.20. パリ
フランスの哲学者,政治家。本名 Marie François Pierre Gonthier de Biran。 1784年近衛士官となり,89年ルイ 16世をベルサイユで救った。 93年一時引退,数学と哲学を研究。 97年五百人議会に,続いて下院に選ばれるなど政治家として活躍。この間 1802年学士院の懸賞論文コンクールに『思考能力に及ぼす習慣の影響』をもって1等となり,カバニスデステュット・ド・トラシーらの観念学者と交わり,05年には別のコンクールで『思考の分析覚え書』 Décomposition de la penséeで1等賞を得,学士院会員となった。彼の思想はウォロ・エルゴ・スムと表現されている。主著"Essai sur les fondements de la psychologie" (1812) ,"Nouveaux essais d'anthropologie" (23~24) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フランスの哲学者。本名マリー・フランソア・ピエール・ゴンティエ・ド・ビラン。観念学(イデオロジスト)から出発しながら,精神の能動性・自発性を認めることによってその唯物論的傾向に反対し,〈我意志す,故に我あり〉と唱えた。のち,キリスト教的神秘主義に到達。著書《心理学基礎論》(1812年),《人間学新論》(1823年―1824年)など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスの哲学者。ベルジュラックの生まれ。19世紀フランス形而上(けいじじょう)学の始祖。その多彩な政治家的経歴にもかかわらず、彼は繊細かつ内省的であり、その哲学はコンディヤックの流れをくみ、カバニス、デスチュット・ド・トラシ、アンペールらの観念学派に近い。

 出発点として、内的な直接的知覚の不可疑的性格を置き、これによって、われわれの「われ」は、まったく自由な意志の、唯一にして分解できない形態において把握されると考える。この「われ」は、デカルトの「われ」が身体を捨象した「われ」であったのに対し、身体と精神との統一としての「意志」であり、意志し働くことが「われ」の根源的な存在証明であるとし、「われ思う、故にわれ在り」cogito ergo sumと唱えたデカルトに対して、「われ意志す、ゆえにわれあり」volo ergo sumと主張した。晩年は、生を動物的生、人間的生、霊的生(人間と神との合一)の3段階に分け、マルブランシュ的な神秘的形而上学を唱えた。著書に『思考能力に及ぼす習慣の影響』(1802)、『心理学の基礎』(1812)、『新人間論』(1823~1824)などがある。

[足立和浩 2015年6月17日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1766年11月29日
フランスの哲学者,政治家
1824年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android