メーヌ・ド・ビラン(英語表記)Maine de Biran

世界大百科事典 第2版の解説

メーヌ・ド・ビラン【Maine de Biran】

1766‐1824
フランスの哲学者。本名Marie François Pierre Gontier de Biran。ドルドーニュ県行政官(1795‐97),五百人会議議員(1797),立法議会議員(1812‐14,16‐24)を歴任。彼は意識の事実の内面的知覚を方法とする立場から出発する。まず,コンディヤックの感覚論をカバニスやデステュット・ド・トラシーの観念学の方向に修正し,習慣が能動的印象(知覚)をたすけて受動的印象(狭義の感覚)の束縛から解放するときに,思考は真の発達をとげると主張した(《思考能力に及ぼす習慣の影響》1802)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメーヌ・ド・ビランの言及

【精神】より

…カントにおける実践の主体としての理性の概念,フィヒテにおける根源的活動性としての自我の概念,ヘーゲルにおけるおのれを外化し客観化しつつ生成してゆく精神の概念などにそれが見られよう。フランスにおいても,意識を努力と見るメーヌ・ド・ビラン,精神を目的志向的な欲求や働きと見るラベソン・モリアン,意識を純粋持続として,純粋記憶として,さらには〈生の躍動(エラン・ビタール)〉の展開のなかでとらえようとするベルグソンらの唯心論の伝統があるが,ここにも同じような傾向が認められる。当然のことながら,こうした展開のなかで精神は単なる知的な能力としてではなく,むしろ意欲・意志としてとらえられるようになる。…

※「メーヌ・ド・ビラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android