コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モチベーション もちべーしょん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

モチベーション

モチベーションとは、人が行動を起こすときの原因、すなわち動機を意味する。組織の中では仕事への意欲を指し、意欲を持つことや引きだすことを動機づけと呼んでいる。 モチベーションが、個々人の意識に関する概念であるのに対し、モラールとは集団的な感情や意識に対して使われる概念といえる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

モチベーション(motivation)

動機を与えること。動機づけ。
物事を行うにあたっての、意欲・やる気。または、動因・刺激。「モチベーションが上がらない」「高いモチベーションを維持する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人材マネジメント用語集の解説

モチベーション

・motivation
・モチベーションとは、人が一定の方向や目標に向かって行動し、それを維持する働きを意味し、「動機づけ」「やる気」とも呼ばれ、人間の行動がいかにして始動し・方向づけられ・維持され・停止していくのか、そしてこれらが進行する過程でどのような反応が人間有機体の内部に生起するのか、を説明するのに考えられた概念であるとされている。
・モチベーションは、「外発的動機付け」「内発的動機付け」からなる。外発的動機づけは、「誘因」によって行動を起こさせるものであり、内発的動機づけは「動因」により、モチベーションアップを目指すものである。
・ハーズバーグは、企業におけるこの動因と誘因を具体的に研究し、さまざまな企業・職種の社員から、仕事中に極度の満足・不満を覚えたとき、どのようなことが起きたかについて質問し、その要因を抽出し「動機づけ衛生理論」として発表した。
満足を引き起こしたものとして、達成・他者からの評価・仕事の内容への満足感・責任・昇進・進歩・個人的な成長などが上げられた(動機付け要因)。
・逆に不満を招いた要因には、企業の施策と管理・監督・対人関係・作業条件・給与・福利厚生・雇用の保証などが上げられた(衛生要因)。衛生要因は満たされないことで不満を引き起こすが、満足度を高めるものではない。
・従っていくら衛生要因に配慮してもモチベーション向上にはつながらず、動機づけ要因を高めることは必要になる。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

人事労務用語辞典の解説

モチベーション

「動機づけ」と訳されます。人間の行動を喚起し、方向づけ、統合する内的要因を動機といい、モチベーションは、その動機の状態になることを促す心理的エネルギーを表す概念です。一般的には「意欲」「やる気」と同じような意味で使われます。
(2010/3/15掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

モチベーション【motivation】

物事を行うための、動機や意欲になるもの。刺激。熱意。 〔消費者の購買動機や、スポーツ選手の意欲などに用いられることが多い〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

モチベーションの関連キーワードwork life balancejob enrichmentボトム・アップ・マネジメント社内公募制度・社内FA制度リンクアンドモチベーションジョブ・エンリッチメントモチベーション・セオリー公平理論 エクイティ理論アルフォンソ ジョンソンワーク・ライフ・バランスモチベーション・リサーチグループ・インタビュー中央化傾向/中心化傾向衛生要因・動機付け要因ジョブエンリッチメントゲーミフィケーションプロジェクトリーダーストックオプションキャリア・プラトーファシリテーション

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モチベーションの関連情報