コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モッブ モッブ mob

翻訳|mob

5件 の用語解説(モッブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モッブ
モッブ
mob

リンチ,テロリズム,暴動などにみられるように,なんらかの対象を積極的に攻撃する活動的群衆集団をいう。その攻撃の対象は,リンチなどでは特定の個人であり,またナチス・ドイツにおけるユダヤ人迫害の暴動のような場合は特定の社会集団であるが,ときには特定の対象をもたずに成員の攻撃的傾向が爆発する場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モッブ(mob)

《「モブ」とも》
群集。特に、暴徒。
ギャングマフィア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モッブ

リンチ,暴動などにみられるように,一定の対象を積極的に攻撃する活動的な群集の状態。暴衆とも訳す。思惟(しい)はもとより感情や外的行為をも含んだ同質性,残忍性・熱狂を伴った情緒性,および非合理性をその特徴としてもち,ときには特定の攻撃対象をもたない場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

モッブ【mob】

群集。暴徒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モッブ
もっぶ
mob

もっとも包括的には、共通の情緒的な衝動の影響を受けた、空間を共有した不安定な集合的行為をいう。「群集」に近似的な概念であるが、活動する群集である点や、より狭くは一定の確定された目的を志向する点や、相互行為の明確な焦点を欠くなどの点で群集とは区別される。モブともいう。活動的群集としてのモッブには、攻撃的群集(暴動、リンチ、テロリズム)、逃走的群集(パニック)、取得的群集(略奪)、表出的群集(集合的舞踊)が含まれる。Eメールインターネットが登場すると、それらを介して不特定多数の人々が公共の場所に突然集合し、目的を達成すると即座に解散するフラッシュモッブ(フラッシュモブflash mob)とよばれる現象が可能になった。[矢澤修次郎]
『伊藤昌亮著『フラッシュモブズ――儀礼と運動の交わるところ』(NTT出版・2011)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモッブの言及

【暴動】より

…現代の大衆民主主義社会でも,アメリカの黒人暴動にみられるようにうっ積した不満のはけ口として自然発生的な群集の集団的暴力行使が行われることがある。このような群集は社会集団論の見地からモッブmob(乱衆)と呼ばれることもある。 暴動の原因が単に日常的不満の蓄積にとどまらず,合法的な政権交代の展望の欠如にまでいたると,それは容易に組織的,計画的な内乱へと転化していく。…

※「モッブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モッブの関連キーワードプリズム眼鏡サーカディアンリズムテロテロリストペンタプリズムマルチリンガリズムユーロテロリズムリズム感無差別テロかんちょろりん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone