コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤウンデ ヤウンデ Yaoundé

6件 の用語解説(ヤウンデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤウンデ
ヤウンデ
Yaoundé

カメルーンの首都。同国南西部の内陸,湖水や小河谷など地形変化に富む標高約 700mの丘陵上に位置。 1888年ドイツ統治時代に建設。 1915年ベルギー軍が占領,1922年フランスカメルーンの首都となり,1940~46年一時ドゥアラに遷都したが 1960年の独立とともにカメルーンの首都となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヤウンデ(Yaoundé)

カメルーン共和国の首都。同国南部の標高約750メートルの高原にある商業都市カカオなどの集散地。19世紀末、ドイツ領時代に象牙交易の拠点として建設され、フランス領時代に首都となった。ギニア湾岸の港湾都市ドゥアラへ鉄道が通じる。人口、行政区129万(1998)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヤウンデ

カメルーンの首都。行政の中心で,付近の農産物の集散地。ギニア湾岸のドゥアラと鉄道で結ばれ,空港,大学(1962年創立)がある。象牙交易の基地として1888年ドイツが創設。
→関連項目カメルーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヤウンデ【Yaoundé】

アフリカ中西部,カメルーン連合共和国の首都。人口80万(1992)。国の中南部で,大西洋岸のドゥアラ港から鉄道で約200kmの内陸にある。コーヒーカカオサトウキビアラビアゴムの集散地で,食品加工タバコ,木工,陶器,ガラスなどの軽工業が発達している。国立大学その他の教育・文化施設もあり,政府諸機関とともに近代的な都市としての性格をもっている。1888年ドイツ人によって象牙交易の基地として建設され,第1次世界大戦中ベルギー軍に占領されたが,戦後フランスの委任統治領カメルーンの主都となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヤウンデ【Yaoundé】

カメルーン共和国の首都。同国の南部に位置する。カカオの集散地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤウンデ
やうんで
Yaound

アフリカ中部、カメルーンの首都。同国のドゥアラに次ぐ大都市で、人口124万8200(2001推計)、181万2169(2010推計)。同国南部内陸の標高750メートル前後の高原に位置する政治、文化の中心地であり、中央官庁、大学(国立ヤウンデ大学、ミッション系など数校の私立大学)、研究機関などが集中している。経済的地位はドゥアラのほうが高いが、ヤウンデはカカオ栽培地域の中心地で、内陸における物資の集散地である。街はずれにビール、たばこ、カカオなどの工場があるが、工業は盛んではない。農村地域からの人口流入が続き、住宅が不足ぎみである。周辺部に出身地方別の密集した市場や居住区があり、高層化の進む官庁街、商業区とは対照をなしている。1993年、南方約15キロメートルのンシマレンNsimalenに国際空港が開港し、アクセスが便利になった。町の基礎は、1888年ドイツ領時代に熱帯降雨林を切り開いてつくられた。1921年以降、1940~1946年を除きフランス領カメルーンの首都で、1960年の独立後も引き続き首都となっている。[門村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤウンデの関連キーワードカメルーンブエアアフリカーナー南アフリカカメルーン火山列中部アフリカブリヘイドシャリ[川]カメルーン連合共和国カメルーン連邦共和国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤウンデの関連情報