コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤギェウォ朝 ヤギェウォちょう Jagiełłonowie

2件 の用語解説(ヤギェウォ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤギェウォ朝
ヤギェウォちょう
Jagiełłonowie

ヤギェロ朝,ヤゲロ朝とも呼ばれるポーランドリトアニア (リトワ) ,ボヘミアおよびハンガリーの王朝 (1386~1572) 。 15~16世紀における中央ヨーロッパ最大の勢力。ハンガリー王をも兼ねたポーランド王ルドウィク1世 (ハンガリー王としてはラヨシュ1世〈大王〉 ) を継承した女王ヤドウィガ (在位 1384~99) とリトアニア公ヤギェウォとの結婚 (86) により成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤギェウォ朝
やぎぇうぉちょう
Jagiellonowieポーランド語

ポーランドの王朝(1386~1572)。ヤゲロ朝ともいう。リトアニア大公ヤギェウォJagieo(1348―1434。在位リトアニア大公1377~92、ポーランド王1386~1434)が、1385年ポーランドと同盟を結び、翌年ポーランド女王ヤドビガと結婚して、ポーランド王ウワディスワフ2世となったことによって始まる。この王朝のもとで、ポーランドのシュラフタ(特権的身分)階級はしだいに諸特権を獲得し、その地位を向上させた。16世紀にはルネサンス文化が開花し、「黄金の世紀」とよばれた繁栄の時代を迎え、ポーランドの国際的地位も上昇した。またヤギェウォ朝は、ハンガリー王位(1440~44、1490~1526)とチェコ王位(1471~1526)にもつき、ヨーロッパの国際政治において重要な役割を果たした。[安部一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤギェウォ朝の関連キーワードポーランド記法ギェレルプポーラヤゲロー朝マゲロイ島アギーラカローラスパシオシェロモロ朝国際鉄道事業リアーライザー