コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤナギイチゴ(柳苺) ヤナギイチゴDebregeasia edulis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤナギイチゴ(柳苺)
ヤナギイチゴ
Debregeasia edulis

イラクサ科の落葉低木。西日本暖地の海岸近くに生える。全体は草状で,幹は高さ2~3mに達し,枝は四方へ伸長する。葉は幅の狭い長楕円形で長さ 10cmほどあり,細かい鋸歯があって,先はとがる。葉の下面は白色の綿毛が密生する。3~5月頃,葉が伸びる前に球状花序をつける。単性花で,雄花にはおしべ4個,雌花にはめしべ1個があって同株につく。初夏に痩果橙色に熟し,甘くて食用となる。葉がヤナギに似て果実がキイチゴ状であるところからこの和名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤナギイチゴ(柳苺)の関連キーワードイラクサ科

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android