コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリカモメ Chroicocephalus ridibundus; black-headed gull

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリカモメ
Chroicocephalus ridibundus; black-headed gull

チドリ目カモメ科。全長 40cm。夏羽(→羽衣)では頭部黒褐色,背と上面は淡い灰色だが,翼の前面は白く,初列風切羽の先が黒い。頸や胸,腹,尾は白い。冬羽では頭部の黒褐色部が白くなり,眼とその後ろに褐色斑がある。若鳥は尾羽の先に黒帯がある。脚と暗赤色ヨーロッパから北極圏を除くロシア中央アジアカムチャツカ半島にかけて繁殖分布する。集団繁殖し,湖沼の島や周辺のアシ原,草原などの地面の上に営巣する。北方で繁殖する鳥は繁殖後に南方の大西洋北部,アフリカ北部,ユーラシア大陸のヨーロッパから日本までの南部沿岸や内陸の湖沼,河川などに渡る。雑食で,魚から無脊椎動物,昆虫,種子,動物の死肉まで食べる。雨の日には草原で足踏みをし,虫を追い出してとる。日本には冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,各地の沿岸部や内陸の湖,河川などで暮らす。海の沖合いではほとんど観察されない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ユリカモメ

カモメ科の鳥。翼長30cm。脚とくちばしは赤。冬羽は背と翼が淡青灰色のほかは白色だが,夏羽では頭部が黒褐色となる。ユーラシア大陸中部に広く分布し,日本には冬鳥として各地の港湾,海岸に渡来。
→関連項目カモメ(鴎)ミヤコドリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユリカモメ
ゆりかもめ / 百合鴎
black-headed gull
[学]Larus ridibundus

鳥綱チドリ目カモメ科の海鳥。全長約40センチメートルの中形種。ユーラシアの中・高緯度地域に広く分布し、内陸の湖沼地帯や海岸、島で集団営巣する。冬季には、温帯・熱帯地方沿岸に渡り、日本でも本州より南の地方の海岸や内湾・河口、内陸湖沼や河川に数多く渡来。おもに無脊椎(むせきつい)動物を食べるが、そのほかにさまざまなものを餌(えさ)とし、都市では人間の廃棄物も食べる。ほかの鳥を襲って餌を横取りすることもある。この種も行動学研究の対象となり、幾多の優れた成果が得られた。古来、和歌などに詠まれた「みやこどり」はこの鳥であると考証された。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユリカモメの関連キーワードカモメ(鷗)ズグロカモメ東京都の要覧東京[都]求愛行動鴎・鷗東京都県鳥都鳥

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユリカモメの関連情報