ヨシガモ(英語表記)Anas falcata; falcated duck

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨシガモ
Anas falcata; falcated duck

カモ目カモ科。全長 48~54cm。雄は頭部が濃緑色で,頭頂は光沢のある暗赤褐色。後頭部の羽毛が後頸部にかぶさるように伸びている。背,翼上面,尾は灰褐色で,尾の基部には黒色横帯がある。翼鏡は緑色。鎌形に長く伸びた三列風切をもつ。胸腹部には白と灰褐色の細かい鱗状斑が密にある。喉は白く,胸との境界に黒い帯がある。雌は全体に地味な灰褐色。東部シベリアから中国北東部,千島列島などに繁殖分布し,中国南部からミャンマーインドを経てさらにイランなどにも渡って越冬する。日本では,北海道で少数が繁殖するほか,冬鳥(→渡り鳥)として河川,湖沼に渡来するが,渡来数は多くない。おもに内陸の湖や大きな池に生息し,二枚貝,水生昆虫,水生植物を食べる。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨシガモ
よしがも / 葭鴨
falcated duck
[学]Anas falcata

鳥綱カモ目カモ科の鳥。カムチャツカ半島、シベリア南東部、千島列島、樺太(からふと)(サハリン)、北海道、中国の北部、モンゴルまでに繁殖する東洋特産種である。全長は雄52センチメートル、雌43センチメートル。雄の後頭部は羽冠をなし光線によって紫、赤、緑の光沢が美しく、のどは白く黒帯がある。後方肩羽は白縁に黒の、湾曲した蓑羽(みのばね)をなして尾部の左右に垂れ、尾は小さくそれに隠れる。声はヘロヘロと弱い。淡水沼にも渡来するが、盲腸が長く海藻を好むので、ヒドリガモなどとともにノリ養殖の江湾に群れることが多い。以前は普通にみられる種であったが、その数の減少がみられ、大陸部における狩猟や羽毛採取の影響ではないかとの心配もある。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android