コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨシゴイ Ixobrychus sinensis; yellow bittern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨシゴイ
Ixobrychus sinensis; yellow bittern

ペリカン目サギ科。全長 37cm。羽色は,頭上が黒色から背は褐色,雨覆黄褐色初列風切,次列風切,尾は黒色。胸の側部に黒色の大きな縦斑がある。はやや長く黄色,脚も長めで黄緑色。雌は頸から胸腹部に褐色の縦斑がある。インドから東アジアインドネシアにかけての温帯熱帯に広く繁殖分布し,北方で繁殖するものはインドネシアやパプアニューギニアに渡って越冬する。日本には九州地方以北の各地に夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,おもに平地の湖沼や河川のアシ原に生息する。巣に外敵が近づくと,親鳥は上を向いて頸を垂直にいっぱいに伸ばし,体を周囲のアシと同じようにかすかに動かして敵の目をあざむく特異な習性がある。近年,アシ原の埋め立てに伴い,生息数がかなり減少している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヨシゴイ

サギ科の鳥。翼長14cm。小型のサギで全体に淡褐色。頭と風切羽が淡い黒色。アジア東部から南部にかけて分布。日本では夏鳥として渡来し,河川や湖沼のヨシ原にすむ。小魚,カエル,ザリガニ,昆虫などを食べる。
→関連項目サギ(鷺)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨシゴイ
よしごい / 葭五位
little bittern

広義には鳥綱コウノトリ目サギ科ヨシゴイ属に含まれる鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この属Ixobrychusは世界の温帯、熱帯に広く分布し、8種に分類される。日本にはヨシゴイ、オオヨシゴイ、リュウキュウヨシゴイの3種が夏鳥または留鳥として生息し、繁殖する。
 種のヨシゴイI. sinensisは全長約38センチメートル、日本のサギ類のなかではいちばん小形種である。羽色は全体に淡黄褐色または淡灰褐色で、頭上と初列・次列風切(かざきり)は黒い。雌と幼鳥は背や胸に暗褐色の縦斑(じゅうはん)がある。アジア東部・南部からニュー・ブリテン島にかけて広く分布する。日本には夏鳥として5月初めに渡来し、全国のヨシ原や湿地で繁殖する。目だつ鳥ではないので気がつかないことが多いが、まれな鳥ではなく、ときどきヨシ原の上をゆっくり羽ばたいて飛ぶのをみかける。巣は、湿地のヨシの茎を数本寄せ集め、その上に託して枯れ茎や枯れ葉で皿形につくる。1腹の卵は5~6個、抱卵期間は約18日。夕方などに寂しい声でオー、オーと鳴く。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヨシゴイの関連キーワードリュウキュウヨシゴイオオヨシゴイサンカノゴイサギ(鷺)葦五位煩悩鷺

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨシゴイの関連情報