ヨハネス[22世](英語表記)Johannes XXII

世界大百科事典 第2版「ヨハネス[22世]」の解説

ヨハネス[22世]【Johannes XXII】

1249‐1334
ローマ教皇。在位1316‐34年。フランスのカオールに生まれ,パリで学び,1300年フレジュスの司教となり,10年後アビニョンに移る。教皇クレメンス5世により12年枢機卿となり,16年から教皇に就任。以後アビニョンの教皇宮廷を確立し,フランシスコ会心霊派の清貧観を批判し,皇帝ルートウィヒ4世を異端として破門した。教皇はローマ教会の組織化,教皇庁財政再建に顕著な成果をあげたが,親族優遇の傾向が強かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヨハネス[22世]の言及

【フラティチェリ】より

…指導者はアンジェロ・クラレーノが知られている。1317‐23年のヨハネス22世の大教書にもとづいて,二つの教会論(肉的富裕教会=ローマ教会,霊的貧困教会=同派の教会),誤謬教会・聖職者の霊力と裁判権の否定,同派によるキリストの福音の完成等を説き,これが既成教会体制への挑戦と受けとられ,異端とされた。15世紀中葉に追放,逮捕,処刑されるものが多く出て,下火となった。…

※「ヨハネス[22世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android