コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンス5世 クレメンスごせいClemens V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレメンス5世
クレメンスごせい
Clemens V

[生]1260頃. ボルドー地方
[没]1314.4.20. ロクモール
ボルドー地方出身の第195代教皇(在位 1305~14)。本名 Bertrand De Got。1299年ボルドー大司教となり,1305年フランス王フィリップ4世に擁立されペルジャで教皇に選出された。1309年に教皇座をローマからアビニョンに移し,最初のアビニョン教皇となった(→教皇のバビロン捕囚)。フィリップ4世の政策に追随して 1311年から 1312年にかけてビエンヌ公会議を開催,1312年には神殿騎士修道会を解散し,1313年には前教皇ボニファチウス8世によって廃位・幽閉されたケレスチヌス5世を列聖した。縁故主義をとり,秘密裏に蓄財していたとみられるが,学術への貢献で知られる。中国に首都大司教管区を設け,ペルジャに大学を設立,パリ,ボローニャ,オックスフォード,サラマンカに東洋語の講座を開いた。教会法について発布した多くの改革令は『クレメンス教令集』Clementinaeとして伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クレメンス5世の関連キーワードテンプル騎士修道会事件モンテ・コルビーノヨハネス[22世]ヨハネス(22世)フィリップ(4世)アビニョン教皇庁アビニョン捕囚アヴィニヨンバビロン捕囚法王庁宮殿キリスト教教会法大全パストルノガレ