コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスコー ラスコー Lascaux

4件 の用語解説(ラスコーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスコー
ラスコー
Lascaux

フランスドルドーニュ県モンティニャック近郊のラスコーにある旧石器時代洞窟遺跡。 1940年穴に落ちたイヌを捜していた土地の少年たちが偶然発見した。そこに残されていた洞窟画はアルタミラ洞窟の壁画と並んでフランコ・カンタブリア美術の最も有名な旧石器時代絵画で,野生のウマ,ウシ,ヒツジ,ヤギなどが黒,赤,黄,褐色などを使って多彩に描かれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラスコー(Lascaux)

フランス南西部、ドルドーニュ川の支流のベゼール川南岸にある都市。近郊のモンティニャックラスコー洞窟(どうくつ)がある。1940年にその中で発見された彩色の動物壁画は、後期旧石器時代終末期のものとされており、1979年に「ベゼール渓谷先史時代史跡群と洞窟壁画群」の一部として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラスコー

フランス,ドルドーニュ地方ベゼル川河畔の丘の上にあり,アルタミラとともに後期旧石器時代を代表する壁画が残る洞窟遺跡。主洞と奥洞,主洞から右側に分かれた支洞の3部分からなり,ウシ,ウマ,シカなど100点以上の彩画の動物像が描かれている。
→関連項目洞窟美術ドルドーニュ[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラスコー【Lascaux】

フランス南西部,ドルドーニュDordogne県モンティニャックMontignac村の南方にある旧石器時代の洞窟遺跡。1940年土地の少年たちによって発見された。洞窟は主洞(長さ15.5m,幅9m),奥洞(長さ30m,幅0.5~3m),主洞から通路を経て右に分岐する〈後陣〉(直径4mの円形),〈身廊〉(長さ25m,幅1~3m),〈井戸(竪坑)〉(井戸のように5m落ちこんだところ)と名づけられる支洞の3部分からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラスコーの関連キーワードペリグークラレットカステルノー城サルララカネダベナック城モンティニャックルールドレゼジードタヤックソービニヨンブランドルドーニュ[川]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラスコーの関連情報