ラーダークリシュナン(英語表記)Sarvapalli Rādhākrishnan

大辞林 第三版の解説

ラーダークリシュナン【Sarvapalli Rādhākrishnan】

1888~1975) インドの哲学者・政治家。1962~67年大統領を務める。東西思想の共通性を示し、インド哲学を広く紹介した。著「インド哲学史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラーダークリシュナン

インドの哲学者,政治家。南インドのティルッタニ生れ。若いころビベーカーナンダの思想から影響を受け,以来ベーダーンタ哲学(ベーダーンタ学派)を研究した。1918年−1921年マドラスのプレジデンシー・カレッジ,のちカルカッタ大学で哲学教授を,またアーンドラ大学,ベナレス・ヒンドゥー大学で副学長を歴任。1936年−1952年オックスフォード大学で〈東洋の宗教および倫理学〉を講じてアジア人初の教授となる。1931年にはナイト爵に叙せられた。1940年代にはユネスコのインド代表団長やユネスコ執行委員会の議長も務め,1949年−1952年駐ソ大使に,1952年−1962年副大統領になった。1962年のプラサード大統領の死後,大統領に就任し,1967年までその任にあってソ連からの軍事援助を増大させた。その哲学的立場はシャンカラの不二一元論によっているが,現実生活を肯定する点で一線を画している。代表作《インド哲学史》2巻(1923年−1927年)のほか,《ウパニシャッドの哲学》《東洋の宗教と西洋の思惟》などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラーダークリシュナン【Sarvepalli Rādhākrishnan】

1888‐1975
インドの哲学者,政治家。南インド,現アーンドラ・プラデーシュのティルッタニに生まれる。マドラスのプレジデンシー・カレッジ(1918‐21)およびカルカッタ大学(1921‐31,37‐41)の哲学教授,アーンドラ大学(1931‐36)およびベナレス・ヒンドゥー大学(1939‐48)の副学長,オックスフォード大学の〈東洋の宗教および倫理学〉教授(1936‐52)などを歴任。1946‐52年にはユネスコのインド代表団長,48‐49年にはユネスコ執行委員会の議長を務めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーダークリシュナン
らーだーくりしゅなん
Sarvepalli Radhakrishnan
(1888―1975)

インドの政治家、哲学者。南インドで生まれ、マドラス・キリスト教大学を卒業後渡英、オックスフォード大学で学位を取得した。マドラス(現、チェンナイ)にあるプレジデンシー・カレッジ、カルカッタ大学の哲学教授、ベナレス・ヒンドゥー大学の学長(1939~1948)を歴任し、オックスフォード大学教授(1936~1952)にも迎えられた。インド独立後、駐ソ連大使(1949~1952)、副大統領(1952~1962)を務め、1962年には大統領(~1967)に選出された。著作は多く、代表的なものに『インド哲学』2巻(1922~1926)、『ヒンドゥー教的人生観』(1927)、『理想主義的人生観』(1929)、『東洋の諸宗教と西洋思想』(1939)、『バガバッド・ギーター』(1946)、『主要なウパニシャッド』(1953)、『ブラフマ・スートラ』(1960)などがあり、インド政府発行の『東西哲学史』(1952~1953)の総監修者でもあった。比較思想的観点からインド思想の究明に努め、『インド哲学』では、西洋哲学と比較しながらインド哲学を全体にわたって概観し、インド哲学の普遍性を明らかにした。また、『東洋の諸宗教と西洋思想』では、ヒンドゥー教の側から、東西比較思想の基盤を提供した。その哲学的立場はシャンカラ系のベーダーンタ哲学不二一元(ふにいちげん)論にあり、彼は、不二一元論のマーヤー概念に新たな解釈を施して、ベーダーンタ哲学の現代的再生を目ざした。また、主観と客観の対立を超えた神秘的直観の重要性も説いた。[島 岩]
『ラーダークリシュナン著、三枝充悳他訳『インド仏教思想史』新装版(2001・大蔵出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android