コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアウ諸島 リアウしょとうKepulauan Riau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リアウ諸島
リアウしょとう
Kepulauan Riau

インドネシアスマトラ島中央部の北東岸沖,マラッカ海峡の南東端付近に散在する島々。おもな島はビンタン島バタム島。南方のリンガ諸島南シナ海アナンバス諸島タンブラン諸島ナトゥナ諸島など約 2000の島々とともにリアウ諸島州を構成。赤道直下にあり,地形は全体に低平である。サンゴ礁と速い潮流に囲まれて孤立していたが,1511年にポルトガルがムラカ(マラッカ)を占領してからは,マラッカ海峡の航行上重視された。農業,漁業が主産業で,商品作物としてはゴム,ココヤシ,コショウ,阿仙薬(ガンビール)を栽培。ビンタン島はボーキサイトを多産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リアウ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【リアウ諸島】

Kepulauan Riau》インドネシア、スマトラ島東方およびマレー半島南端の沖合に浮かぶ諸島。主島ビンタン島をはじめ、バタム島レンパン島、ガラン島などで構成される。中心都市はビンタン島のタンジュンピナン。シンガポールに近く、一部に自由貿易地域が設けられ、工業団地や海岸保養地の開発が進んでいる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リアウ諸島
りあうしょとう
Kepulauan Riau

インドネシア西部、スマトラ島東岸、マレー半島南端沖に散在する島群。主島のビンタン島のほか、バタム、レンパンなどの島々がある。面積3663平方キロメートル。ビンタン島はボーキサイトの産地として世界的に有名で、日本の企業も大規模な採掘を進めている。住民はスマトラ、ジャワ両民族の混血とされるリアウ人が主で、華僑(かきょう)も多い。コプラ、こしょう、香料、木材を産出し、漁業も行う。マラッカ海峡の入口に位置し古来より交通の要衝である。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リアウ諸島の関連キーワードシンガポール海峡リンガ[諸島]ビンタン[島]インドネシア語シンケプ島リアウ州マレー語

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android