コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアリズム法学 リアリズムほうがくlegal realism; realism in law

3件 の用語解説(リアリズム法学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リアリズム法学
リアリズムほうがく
legal realism; realism in law

(1) 1920~30年代にアメリカで興った法学上の一傾向。ネオ・リアリズム法学または新実在主義法学現実主義法学とも呼ばれる。 J.フランク,K.ルウェリン,T.アーノルドなどがその代表者とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リアリズムほうがく【リアリズム法学】

第1次,第2次両大戦間の時期のアメリカを席巻した法学上の一傾向で,J.フランクK.ルーウェリンムーアUnderhill Moore,オリファントHerman Oliphant,ローデルFred Rodell,コーエンFelix S.Cohenらはその代表的旗手である。法,とりわけ裁判について,旧来の〈ロマンティシズム,空想,美化を排斥し〉(フランク),現実を直視する立場がこれらの人たち(リアリスト)に共通しているといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リアリズム法学
りありずむほうがく
realist jurisprudence

法を規範としてではなく、事実としてとらえようとする法学の潮流をさす。
(1)ホームズ、パウンドなどの影響の下で、1930年代に登場したアメリカ法学の学派で、ネオリアリズムneo-realismともよばれる。その出発点となったジェローム・フランクの『法と現代精神』(1930)は、法的安定性を神話であるとし、法解釈の客観性やとくに裁判官の事実認定の客観性を批判した。この潮流に属するのは、サーマン・アーノルド、フレッド・ローデル、カール・ルウェリンKarl Nickerson Llewellyn(1893―1962)などである。
(2)スウェーデンのウプサラ大学のアクセル・ヘーゲルストレームAxel Hgerstrm(1868―1939)を中心として、法の経験科学的理論を確立しようとした学派Scandinavian legal realismをさし、代表者はオリベクローナKarl Olivecrona(1897―1980)、ロスAlf Ross(1899―1978)などである。[長尾龍一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のリアリズム法学の言及

【法実証主義】より

…現代ではH.ケルゼン純粋法学H.L.A.ハートの現代分析法理学,およびそれらを批判的に継承する運動,あるいはスカンジナビアにおける心理主義的・科学主義的な〈法的リアリズム〉などがある。 このほか,法実証主義と目される法理論の中には実践的問題関心の強い,ベンサムの法理学やアメリカの社会学的・政治学的な〈法的リアリズム〉(リアリズム法学),さらにイデオロギー批判家としてのケルゼンの議論がある。
[特徴]
 すべての法実証主義の理論が以下のすべての問題場面で一定の見解をとるわけではないが,その多くは少なくとも次の五つの場面で下記の見解をとる。…

※「リアリズム法学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リアリズム法学の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone