コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リー・クアンユー リー・クアンユーLee Kuan Yew

2件 の用語解説(リー・クアンユーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リー・クアンユー
Lee Kuan Yew

[生]1923.9.16. シンガポール
[没]2015.3.23. シンガポール
シンガポールの政治家。首相(在任 1959~90)。中国語名は李光耀。中国移民の 4世。英語を母語として育ち,中国語およびマレー語タミル語は政界入りしたのち身につけた。第2次世界大戦後,イギリスケンブリッジ大学に留学して法律を学び,1950年シンガポールに戻ってからは労働組合関係の弁護士として活躍するかたわら,イギリス植民地からの独立運動に身を投じた。1954年人民行動党 PAPを創設し書記長となった。1955年新憲法下初の立法評議会選挙で議員となり,イギリス連邦の自治州としての地位獲得交渉で活躍。1959年完全自治獲得後の最初の選挙で大勝し,自治州首相に就任。1963年9月,マレーシア連邦結成時にシンガポールも一つの州として参加したが,1965年8月にマレーシア連邦から分離独立,リーは初代首相に就任した(→マレーシア紛争)。以来国民の支持のもとに党内左派を抑え,非同盟中立政策(→非同盟主義)を掲げ,外資導入による工業化を目指して経済発展に大きな成果を上げ,シンガポールを東南アジアの主要な金融センターに育てた。強権政治との批判も受けたが,同国の近代化と安全の確保に優れた手腕を発揮した。1990年に 31年間務めた首相の地位を退いたのち,首相府上級大臣としてゴー・チョクトン首相を補佐。2004年長男リー・シェンロンの首相就任に伴って内閣顧問となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵miniの解説

リー・クアンユー

シンガポールの初代首相。1923年、英国の植民地だったシンガポールに生まれる。第2次世界大戦後、英国留学を経て弁護士となり、54年に政党を結成。シンガポールが英国から自治権を獲得した59年、自治州の首相となる。65年にシンガポールがマレーシアから分離独立して以降は国の首相として90年まで政権を担い、現在に至る同国の繁栄の基礎を築きあげ、「建国の父」として国内外から敬愛を集めた。首相退任後も2011年まで上級相や顧問相を歴任し、国政に強い影響力を示した。その後もアジアの政治や外交を語る論客として活動を続けていたが、15年3月23日に死去した。享年91。

(2015-3-24)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

リー・クアンユーの関連キーワード奥健蔵キネマ旬報日活(株)有島武郎伊藤野枝トルストイ長崎大学梁思成大森房吉ギューリック

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リー・クアンユーの関連情報