ルイフィリップ

精選版 日本国語大辞典の解説

ルイ‐フィリップ

(Louis-Philippe) 七月王政期のフランス国王(在位一八三〇‐四八)。ブルボン家の支流オルレアン家の出。はじめフランス革命を支持、のちに亡命。王政復古後帰国し、自由主義者たちの支持で七月王政をしいた。「市民王」と称したが、次第に反動化し、二月革命で追放され、ロンドンで客死。(一七七三‐一八五〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルイ‐フィリップ(Louis-Philippe)

[1773~1850]フランス国王。在位1830~1848。ブルボン家の支流オルレアン家の出身フランス革命初期より自由主義者として活躍したが、のち亡命。1830年の七月革命で迎えられ即位。「市民王」と称したがしだいに反動化し、二月革命で追放され、ロンドンで客死。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android