コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・マン Le Mans

翻訳|Le Mans

世界大百科事典 第2版の解説

ル・マン【Le Mans】

フランス北西部,サルト県県都。人口14万8000(1990)。サルト川に臨む丘を3~4世紀の城壁が半ば囲んでおり,内部の旧市街にはサン・ジュリアン大聖堂(11~15世紀)をはじめ中世の建築物が多く残されている。古来,メーヌ地方の主都として交通の要衝であり,農産物の集散地,また僧服ろうそく,麻布などの地場産業の町であったが,1870年代以降,スポーツカーを中心に自動車工業の町となった。1923年には〈24時間ル・マンの自動車競走〉が始まり,36年にルノーの工場が移転してくるや,自動車産業とオートレースの町として世界的に知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ル・マンの関連キーワード鈴鹿8時間耐久ロードレースロジェ・ド ラ・フレネースティーブ マックイーンアレクサンダー ヴルツ偽イシドルス教会法令集ル・マン24時間レースアーノルド ドルメッチフランク モンタニーアラン マクニッシュトム クリステンセンロイック デュヴァルピエール コシュローフレッド ヴァルガスデービッド ブラバムリュック アルファンエマニュエーレ ピロ偽イシドール教令集カルロ バン・ダムアレックス ヴルツオリヴィエ パニス

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ル・マンの関連情報