コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランタジネット朝 プランタジネットちょうPlantagenet Dynasty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プランタジネット朝
プランタジネットちょう
Plantagenet Dynasty

イギリスの王朝 (1154~1399) 。フランスのアンジュー伯ジョフロアの子ヘンリー2世 (在位 1154~89) が始祖 (母はイングランドヘンリー1世の娘マティルダ) 。アンジュー家 (朝) ,アンジュバン家 (朝) とも呼ばれるが,家紋の「エニシダ」 (ラテン名 Planta Genista) にちなんでこの称があるという。ヘンリー2世はフランス内にも広大な領土を有し,また多数の法令を発布して王権を伸張,次いでその子リチャード1世 (在位 89~99) は対フランス戦争,第3次十字軍に参加して武名を揚げたが,不在が多く,国内動揺の因をなした。その弟ジョン (在位 99~1216) は対フランス戦争でフランス内領土の大半を失い,ローマ教皇インノケンチウス3世と争って屈服するなど失政が多く,国内貴族は『マグナ・カルタ』を王に認めさせ,王権は大いに失墜した。その子ヘンリー3世 (在位 16~72) も失政が多く,貴族の内乱を招き,彼らは議会を開いて王権の制限を試みた。議会制度はその子エドワード1世 (在位 72~1307) ,その子エドワード2世 (在位 07~27) ,さらにその子エドワード3世 (在位 27~77) の時代,順調に発展した。またエドワード3世時代には対フランス百年戦争が起り,その子エドワード (黒太子) が武名を揚げたが病死し,王位は黒太子の子リチャード2世 (在位 77~99) に引継がれた。しかし専制のため貴族の不満を招き,ランカスター家のヘンリーが王を捕えて退位させ,みずからヘンリー4世として即位したので,プランタジネット朝の支配は終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プランタジネット‐ちょう〔‐テウ〕【プランタジネット朝】

Plantagenet》イングランドの王朝。ノルマン朝断絶の後を継いで、1154年、フランスのアンジュー伯アンリがヘンリー2世として即位して創始。1399年、リチャード2世が廃位されて断絶した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

プランタジネット朝【プランタジネットちょう】

イングランドの王朝(1154年―1399年)。始祖は9世紀に始まるフランスの名門アンジュー家のヘンリー2世。Plantagenetの名はアンジュー家の紋章がエニシダ(ラテン名プランタ・ゲニスタplanta genista)であることによる。
→関連項目イギリスエドワード[1世]エドワード[2世]ノルマン朝ヘンリー[3世]マティルダランカスター朝リチャード[1世]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プランタジネットちょう【プランタジネット朝 House of Plantagenet】

ヘンリー2世からリチャード2世に至る8代245年に及ぶイングランドの王朝。1154‐1399年。王朝名はヘンリー2世の父アンジュー伯ジョフロアが冑に常時挿していたエニシダのラテン名planta genistaに由来する。別にアンジューAnjou朝ともいう。イングランド中世のほぼ全時代を支配したが,14世紀初頭のエドワード1世の治世の終りをもって前期と後期に分けられる。
[前期]
 プランタジネット朝はスティーブン王の内乱時代の後をうけてヘンリー2世(在位1154‐89)の即位とともに始まるが,彼は父方よりアンジュー,メーヌ,トゥーレーヌを,母方よりノルマンディーを,また王妃エレアノール(もとフランスのルイ7世の王妃)よりアキテーヌを得て広大な〈アンジュー帝国〉の主君たる地位を占めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プランタジネット朝
ぷらんたじねっとちょう

アンジュー伯ヘンリー(2世、在位1154~89)がイギリス王に即位して開いたイギリス王朝(1154~1399)。アンジュー朝ともいう。プランタジネットPlantagenetの名は、ヘンリー2世の父アンジュー伯ジェフリー(ジョフロア)がエニシダ(ラテン語プランタ・ゲニスタplanta genista)の小枝を冑(かぶと)に挿していたことに由来する。アンジュー、ノルマンディー地方のほかブルターニュ、アキテーヌ地方などフランスの西半分をも領土として一連の行政改革を行ったヘンリー2世に始まる。のち、十字軍遠征に出て長くイギリスを留守にしたリチャード1世(獅子(しし)心王、在位1189~99)、ガスコーニュを除く大陸領の大半を失い「マグナ・カルタ」に署名させられたジョン王(在位1199~1216)、シモン・ド・モンフォールら貴族の大反乱をみたヘンリー3世(在位1216~72)、一連の制定法を発布して封建社会を秩序づけたエドワード1世(在位1272~1307)、専制政治を批判され退位させられたエドワード2世(在位1307~27)、百年戦争を始めたエドワード3世(在位1327~77)、ワット・タイラーの農民一揆(いっき)を抑えたリチャード2世(在位1377~99)と続いた。その後のランカスター、ヨーク両朝はエドワード3世から出た分家である。[富沢霊岸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプランタジネット朝の言及

【アンジュー】より

…1154年,息子のアンリがイギリス国王ヘンリー2世として即位。ここにプランタジネット朝が創始され,アンジュー地方もイギリス領となった。1205年には,フランス王フィリップ・オーギュストがこの地方を制圧。…

【イギリス】より

… ウィリアム1世はフランスで行われていた封建制度を導入,全国的な検地(ドゥームズデー・ブック)やソールズベリーの誓いによって王権を強化したため,イングランドはフランスと異なる集権的封建国家となった。しかし12世紀半ばには王位をめぐる内乱(スティーブンの乱)がおこり,その結果,1154年フランスのアンジュー伯がヘンリー2世として即位し,プランタジネット朝を開いた。彼は相続や結婚などによりフランスの約1/2をも支配して,当時ヨーロッパで最大の領土を有する君主となった。…

【エニシダ(金雀枝)】より

…【大橋 広好】
[伝説]
 エニシダはラテン語でゲニスタgenistaと呼ばれる。アンジュー公国のジョフロア伯がこれを兜に挿して戦った故事から,プランタジネット朝(Plantagenets,〈エニシダの木〉の意)の名が生まれたといわれる。同公国に関係した伝説では,ほかにフルク王子の物語があるが,これは,兄を殺して王位に就いた王子が良心の呵責(かしやく)に耐えかねエルサレムへ巡礼し,毎晩エニシダでみずからをむち打ったという話である。…

※「プランタジネット朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プランタジネット朝の関連キーワードジョフロア・プランタジュネプランタジネット様式エドワード[黒太子]エドワード[1世]リチャード[1世]エドワード[3世]エドワード(2世)リチャード[2世]リチャード(2世)エドワード(1世)エドワード[2世]ヘンリー(4世)ヘンリー[2世]ヘンリー[3世]ヘンリー(2世)ヘンリー[4世]アンジュー[家]ジョン[欠地王]クリア・レギスラ・ロシェル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プランタジネット朝の関連情報