レオポルト2世(読み)レオポルトにせい(英語表記)Leopold II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオポルト2世
レオポルトにせい
Leopold II

[生]1747.5.5. ウィーン
[没]1792.3.1. ウィーン
神聖ローマ皇帝 (在位 1790~92) 。ハプスブルク家の出身。マリア・テレジアの第3子で皇帝ヨーゼフ2世の弟。 18世紀啓蒙君主の一人で,イタリアの進歩的法学者 C.ベッカリーアとも交わり,その政治思想は兄ヨーゼフ2世よりも一層立憲主義的であった。 1765~90年トスカナ大公。 90年兄ヨーゼフ2世が嗣子のないまま没したため帝位についた。当時すでにフランス革命が勃発しており,ヨーロッパ政局は多事多端であった。そこでレオポルトは,トルコと和平を結び (91) ,革命の余波を防止するためプロシアと防御同盟を結んだ (92) 。その対外政策の基本はオーストリアの保全にあり,内政面でも領内異民族の融和に努め,動乱期にありながらハプスブルク帝国を安泰に保った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

レオポルト2世

生年月日:1747年5月5日
神聖ローマ皇帝(在位1790〜92)
1792年没

レオポルト2世

生年月日:1797年10月3日
最後のトスカナ大公
1870年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android