コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロティ ロティ〈フランス〉rôti

6件 の用語解説(ロティの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロティ(〈フランス〉rôti)

ロースト(蒸し焼き)した料理のこと。ロースト用の肉のこともいう。

ロティ(roti)

中近東やインド東南アジア発酵させない平焼きパン全粒粉をこねて円盤状にし、鉄板上で焼いたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロティ

フランスの作家。本名Julien Viaud。海軍士官としてアフリカ,東洋などの諸国を歴訪,日本へも3度寄港している。その見聞をもとに色彩豊かな異国情緒エグゾティシズム)のあふれる小説を書く。
→関連項目オリエンタリズム紀行文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ロティ【rôti(フランス)】

ローストした肉料理。⇒ロースト

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロティ【Pierre Loti】

1850‐1923
フランスの小説家,海軍士官。本名Julien Viaud。ロシュフォールプロテスタントの家庭に生まれ,市の収入役をしていた父親の失脚に伴い一家が困窮,教育を受ける方便として海軍兵学校を志願,以後海軍士官としての道を歩む。19世紀後半西ヨーロッパ列強の植民地獲得競争の機運にのって,いわゆる異国情緒(エキゾティシズム)に対する関心が高まった際に,海軍士官として世界各地に遠洋航海・寄港した体験をもとに,感傷的な淡いロマンティスム味付けした恋愛物語を書いて,一時大いにもてはやされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロティ
ろてぃ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のロティの言及

【フランス料理】より

…アントレとローストの間に口直しとして出されるため,甘みをおさえてある。(6)ロースト 鳥獣肉を大きな塊のままオーブンで焼いたもので,フランス語ではロティと呼ぶ。最近は肉料理はローストかアントレのいずれか1品だけのことが多い。…

※「ロティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロティの関連情報