コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロブ・グリエ ロブグリエ

2件 の用語解説(ロブ・グリエの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ロブ・グリエ

フランスの作家。農業技師として仏領諸植民地を転々とした後,《消しゴム》(1953年),《嫉妬》(1957年)を発表,ヌーボー・ロマンの旗手として作家活動。ほかに短編集《スナップショット》,レネ監督の映画台本《去年マリエンバートで》,評論に《新しい小説のために》。
→関連項目サロート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロブ・グリエ
ろぶぐりえ
Alain Robbe-Grillet
(1922―2008)

フランスの小説家。ブレスト生まれる。国立農業専門学校在学中、占領ドイツ軍に徴用され、ニュルンベルクの工場で工員として働く。卒業後、農業技師としてフランス西インド諸島などに滞在。その間『弑逆者(しいぎゃくしゃ)』を書いたが、1978年まで発表されなかった。最初に発表した『消しゴム』(1953)でフェネオン賞、『覗(のぞ)くひと』(1955)で批評家賞を受賞。中性的な文体による事物の徹底的な視覚描写の技法が注目されたが、反発も多く、ことに『嫉妬(しっと)』(1957)で総攻撃されたので、のちに『新しい小説のために』(1964)所収の論争的評論を相次いで発表、クロード・シモン、ミシェル・ビュトール、ナタリー・サロートらのヌーボー・ロマン(新小説)の代弁者となった。『迷路のなかで』(1959)で、描写の連鎖だけでめくるめく主観性の表現に成功し、さらに『快楽の館(やかた)』(1965)や『ニューヨーク革命計画』(1970)では、香港(ホンコン)やニューヨークのもっとも今日的な風俗を素材に、イメージや挿話の自己増殖という方法で物語の直線的構造を完全に破壊した。『幻影都市のトポロジー』(1976)では既発表の雑文のモザイク、『囚(とら)われの美女』(1975)ではルネ・マグリットの絵画からの連想、『ジン』(1981)ではアメリカ向け訳読教科書の形で、さらに奔放で幻惑的な小説を書く。
 他方、アラン・レネの映画『去年マリエンバートで』(1961)のシナリオを執筆してから、自らメガホンをとり、『不滅の女』(1963)以後、『快楽の漸進的横滑り』(1973)を経て、『囚われの美女』(1983)に至る計8本の映画を監督した。さらに『狂気を呼ぶ音』(1995)を製作し、2002年にはシネロマン(映画用原作)『グラディーヴァが君を呼ぶ』を発表した。これはまだ映画化されていないが、虚構空間探索の技術の開発というテーマは、これらの映画にも共通している。
 1980年代の私回帰の風潮に呼応して、総題を『ロマネスク』とする自伝的回想録『戻ってきた鏡』(1985)、『アンジェリック、もしくは蠱惑(こわく)』(1988)、『コラント伯爵の最期(さいご)』(1994)の3巻を発表したが、作中で活躍するコラント伯爵やアンジェリックは架空の人物であるから、これは回想録の形をとった自伝であると同時にフィクションであり文学論である。2001年に久しぶりの小説『反復』と評論・対談集『旅人』を発表した。[平岡篤頼]
『平岡篤頼訳『新しい小説のために』(1969・新潮社) ▽平岡篤頼訳『ニューヨーク革命計画』(1972・新潮社) ▽平岡篤頼訳『快楽の漸進的横滑り』(1977・新潮社) ▽平岡篤頼訳『秘密の部屋 ギュスターヴ・モローに捧げる』(『フランス幻想小説傑作集』所収・1985・白水社) ▽平岡篤頼訳『ジン』(『集英社ギャラリー 世界の文学9 フランス4』所収・1990・集英社) ▽平岡篤頼訳『弑逆者』(1991・白水社) ▽平岡篤頼訳『反復』(2004・白水社) ▽平岡篤頼訳『迷路のなかで』(講談社文芸文庫) ▽天沢退二郎・蓮實重彦訳『去年マリエンバートで・不滅の女』(1969・筑摩書房) ▽若林真訳『快楽の館』(1969・河出書房新社) ▽白井浩司訳『嫉妬』(1972・新潮社) ▽中村真一郎訳『消しゴム』(1978・河出書房新社) ▽江中直紀訳『幻影都市のトポロジー』(1979・新潮社) ▽望月芳郎訳『覗くひと』(講談社文芸文庫) ▽オルガ・ベルナール著、金井裕訳『ロブ=グリエ論――不在の小説』(1971・審美社) ▽浜田明著『ロブ=グリエの小説美学――「ル・ヴォワユール」を中心に』(1978・牧神社) ▽中谷拓士著『反レアリスム論――ロブ=グリエをめぐって』(1985・創元社) ▽奥純著『アラン・ロブ=グリエの小説』(2000・関西大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロブ・グリエの関連情報