コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ人への手紙 ローマびとへのてがみPros Romaious; The Letter to the Romans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマ人への手紙
ローマびとへのてがみ
Pros Romaious; The Letter to the Romans

新約聖書のパウロ書簡の一つ。ローマ書ともいう。おそらく 57年頃書かれ,パウロ書簡中最も重要なものの一つで,アウグスチヌスから K.バルトにいたるまで神学上の有力な典拠となった。あて先のローマ教会はパウロの創設によるものではなく,パウロはローマをヨーロッパ伝道の起点とすべくローマ教会にその福音についての見解を示したと思われる。書簡の体裁をとるが,「福音は,ユダヤ人をはじめ,ギリシア人にも,すべて信じる者に,救いを得させる神の力である。神の義は,その福音のなかに啓示され,信仰に始り信仰にいたらせる」 (1章 16~17) という主題のもとに組織的な構成をもつ神学書。第1部 (1~8章) では「人が義とされるのは律法の行いによるのではなく信仰によるのである」 (3章 28) という信仰義認説がアブラハムの例によって説かれている。第2部 (9~16章) ではイスラエルの救いの歴史と異邦人の救いの問題,キリスト教の倫理,信仰の弱い者と強い者との関係についてそれぞれ述べられている。現代神学においても,K.バルトの『ローマ書』 Der Römerbrief (1919) を介して,重大な影響を及ぼしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ローマびとへのてがみ【ローマ人への手紙】

新約聖書第6の書。使徒パウロによるローマ教会の信徒あての書簡。55年ごろ書かれ、パウロの神学思想が体系的に詳述されている。ロマ書

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ローマびとへのてがみ【ローマ人への手紙 Letter of Paul to the Romans】

パウロが第3伝道旅行の終り近く,コリント(コリントス)から,まもなく訪ねる予定の未知のローマ教会にあてて,いわば神学的自己紹介として書いた手紙。それだけにそれは比較的詳細かつ体系的に,彼の信仰理解の核心を提示している。全体は大別して3部から成る。まず第1部(8章まで)は福音の特質を説く。人が救われるのは律法の命じるわざを行うことによってではなく,キリストを信じる信仰によるという,いわゆる〈信仰義認〉の教説がその中心である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ローマびとへのてがみ【ローマ人への手紙】

新約聖書中の一書。パウロがローマの教会に送った手紙。信仰による義認を中心とするパウロの福音についての考えが比較的体系だって示されている。ロマ書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のローマ人への手紙の言及

【キリスト教】より

…この教会像はパウロがキリスト教へと回心するきっかけになった信仰体験にもとづくもので,彼はまだキリストの教会を迫害していたとき,教会に対する迫害はそのままイエス・キリスト自身に対するものであることを啓示された(《使徒行伝》9:5)。パウロはたんなる比喩としてではなく,文字どおりの現実――信仰において経験される現実――として,信者たちが〈キリストの体であり,ひとりひとりその部分である〉(《ローマ人への手紙》12:5,《コリント人への第1の手紙》12:27)と言明する。パウロはたんに教会を人体にたとえて,それを構成する諸部分や機能の間の調和,連帯の必要性を説いているのではない。…

【宗教改革】より

…〈信仰義認論〉または〈福音主義〉と呼ばれるものがそれであって,〈ひとの救いは,行いによるものではなく,十字架のキリストにおける罪の贖(あがない)を信ずることのみによる〉という確信を根底としている。そのさい,ルターの個人的宗教体験に客観的な裏づけを与えたものは,とりわけ旧約聖書の《詩篇》と新約聖書のパウロ書簡(《ローマ人への手紙》《ガラテヤ人への手紙》)であった。〈九十五ヵ条〉で表明された彼の疑念と批判は,教皇が,贖宥状(免罪符)の購入のごとき外的な〈行い〉(功績)に免じて,信徒の罪そのものを赦す特別の力をそなえていると思うのは誤りであり,真の内的な悔い改めと,唯一の救い主キリストの御業(みわざ)に示される神の恩寵への,全面的な信仰によってしか魂は救われない,という根本的確信の帰結にほかならなかった。…

【罪】より

…この書は罪を神の前での絶望,反抗と呼び,神と人間との根源的関係の齟齬(そご)と規定したが,この規定はS.フロイトやユングにおいても顧みられている。 聖書では,パウロが《ローマ人への手紙》5章にいうように,律法以前の罪,律法の下での罪,恩恵の下での罪が区別される。これは先に述べた罪の身体的,行為的,精神的の3段階に応じるといえる。…

【パウロ】より

…ギリシア語ではパウロスPaulos。
[資料]
 新約聖書中に彼の書いたとされる手紙が13収められているが,そのうち確実に彼のものと思われるものは,《ローマ人への手紙》,《コリント人への手紙》(第1,第2),《ガラテヤ人への手紙》,《ピリピ人への手紙》,《テサロニケ人への手紙》(第1),および《ピレモンへの手紙》の合計7である。《使徒行伝》の後半はパウロを中心にして書かれているが,必ずしも客観性を志した叙述ではない。…

※「ローマ人への手紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローマ人への手紙の関連キーワード松木 治三郎ケーゼマン弁証法神学受動的服従エビオン派カルバン新改宗者信仰のみデニー預定割礼一書

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android