コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワクチン(犬・猫の) わくちん/いぬねこのわくちん vaccine

翻訳|vaccine

1件 の用語解説(ワクチン(犬・猫の)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ワクチン(犬・猫の)

犬と猫の予防接種用のワクチンには、1種、2種、3種、5種、8種、9種があるが、その効果は接種する週齢や回数、動物の健康状態などに左右される。従来は1年ごとに必要だったワクチンも種類により1〜3年ごとの接種でよくなり、質も向上した。正しい犬の接種プログラムは、生後6〜8週齢頃に1回目、その後3〜4週ごとに14〜16週齢まで接種し、1年目に追加接種する。その後は種類により1〜3年ごとの接種が望まれる。猫の場合は生後8週、12週で2回の接種をし、1年目以降は3年ごとに行う。猫白血病ウイルスのワクチンは、予防が必要な場合に年1回使用する。猫免疫不全ウイルスと猫伝染性腹膜炎のワクチンは、日本ではまだ使用されていない。

(石田卓夫 日本臨床獣医学フォーラム代表 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワクチン(犬・猫の)の関連キーワード予防接種(ワクチン)混合ワクチン生ワクチン予防接種DNAワクチン接種MRワクチンMMRワクチンセービンワクチントキソイドワクチン (toxoid vaccine)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone