コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワクチン(犬・猫の) わくちん/いぬねこのわくちんvaccine

翻訳|vaccine

知恵蔵の解説

ワクチン(犬・猫の)

犬と猫の予防接種用のワクチンには、1種、2種、3種、5種、8種、9種があるが、その効果は接種する週齢や回数、動物の健康状態などに左右される。従来は1年ごとに必要だったワクチンも種類により1〜3年ごとの接種でよくなり、質も向上した。正しい犬の接種プログラムは、生後6〜8週齢頃に1回目、その後3〜4週ごとに14〜16週齢まで接種し、1年目に追加接種する。その後は種類により1〜3年ごとの接種が望まれる。猫の場合は生後8週、12週で2回の接種をし、1年目以降は3年ごとに行う。猫白血病ウイルスのワクチンは、予防が必要な場合に年1回使用する。猫免疫不全ウイルスと猫伝染性腹膜炎のワクチンは、日本ではまだ使用されていない。

(石田卓夫 日本臨床獣医学フォーラム代表 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

ワクチン(犬・猫の)の関連キーワードユニバーサルインフルエンザワクチン予防接種(ワクチン)ウイルス対策ソフトB型肝炎ワクチン自家ワクチン療法セービンワクチンワクチンギャップ三種混合ワクチン細胞培養ワクチンニューモバックス肺炎球菌ワクチンポリオワクチンDNAワクチン不活化ワクチン植物ワクチン内服ワクチン生物学的製剤人工ワクチン粘膜ワクチン混合ワクチン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android