コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワクフ ワクフ waqf

3件 の用語解説(ワクフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワクフ
ワクフ
waqf

イスラム共同体のための国有地,あるいは宗教的な寄進地を意味するアラビア語。複数形はアウカーフ awqāfマグレブ地方ではフブス hubusとも呼ばれる。一般には所有権を留保しつつ,用益権を放棄する宗教的寄進地の意味に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワクフ

〈停止〉を意味するアラビア語。一般的には寄進された財産をさす。イスラム法においては,物件(土地や不動産など)の所有者がその権利を放棄すること。政府や個人がモスク,病院,学校,孤児院などへ寄進する〈慈善ワクフ〉,個人が家族のために信託して収益権を保持する〈家族ワクフ〉の2種類があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ワクフ【waqf】

〈停止〉を意味するアラビア語(複数形アウカーフawqāf)。イスラム法の用語として所有権移転の永久停止を意味し,ファイ理論において,征服地の土地は分配・譲渡を許されないという意味でワクフ(より正確にはファイ・マウクーフfay’ mawqūf)とされる。しかし一般には,ある物件の所有者がその用益権を放棄し,それからの収益が最初に設定された目的に使用されているかぎり,その処分権をも放棄することを意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワクフの関連キーワードアーヤーンアラブ人ムスリムルブアルハーリー砂漠アラビア馬ヒジャーブアラビア糊アラビストカルアイスラム神秘主義

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワクフの関連情報