ワクフ(英語表記)waqf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ワクフ」の解説

ワクフ
waqf

イスラム共同体のための国有地,あるいは宗教的な寄進地を意味するアラビア語。複数形はアウカーフ awqāf。マグレブ地方ではフブス hubusとも呼ばれる。一般には所有権を留保しつつ,用益権を放棄する宗教的寄進地の意味に用いられる。寄進者はワキーフ waqīf,対象となる物件をマウクーフ mawqūfあるいはマフブース mahbūsという。モスク,学校,病院,慈善施設を管理,維持するために寄進されることが多い。しかし実際には個人や家族が土地所有権を永代化し,課税を逃れるためにワクフを寄進することがしばしばあり,19世紀以降は土地改革の最も重要な対象とされてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ワクフ」の解説

ワクフ

〈停止〉を意味するアラビア語。一般的には寄進された財産をさす。イスラム法においては,物件(土地や不動産など)の所有者がその権利を放棄すること。政府や個人がモスク,病院,学校,孤児院などへ寄進する〈慈善ワクフ〉,個人が家族のために信託して収益権を保持する〈家族ワクフ〉の2種類があった。後者が増えると政府は徴税基盤を失うことになるため,1840年代にオスマン帝国をはじめとして各国が管理を強化,エジプトでは1952年に家族ワクフを廃止した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ワクフ」の解説

ワクフ【waqf】

〈停止〉を意味するアラビア語(複数形アウカーフawqāf)。イスラム法の用語として所有権移転の永久停止を意味し,ファイ理論において,征服地の土地は分配譲渡を許されないという意味でワクフ(より正確にはファイ・マウクーフfay’ mawqūf)とされる。しかし一般には,ある物件の所有者がその用益権を放棄し,それからの収益が最初に設定された目的に使用されているかぎり,その処分権をも放棄することを意味する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android