コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワット わっとJames Watt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワット(James Watt)
わっと
James Watt
(1736―1819)

イギリスの機械技術者。蒸気機関の発明にもっとも大きな貢献をした人。スコットランドのグラスゴーに近い港町グリーノックに、船大工の子として生まれる。少年時代から手細工を好み、20歳前後にロンドンで器械工の徒弟となった。1757年グラスゴー大学の器械工となり、大学構内に仕事場をもった。1763年、物理学教授アンダーソンJohn Anderson(1726―1796)からニューコメン大気圧機関の修理を依頼されたとき、この機関の熱効率が低いことに気づき、シリンダーとコンデンサー(復水器)を分離する着想を得た。潜熱の発見者で同大学教授のJ・ブラックの教え子J・ローバックの経済的援助を得て研究を進めたが、ピストンのパッキングの問題にぶつかって開発ははかどらなかった。このこともあり、ワットは1767年スコットランドの運河測量士となり(~1774年まで)、その用務でロンドンに旅行し、1768年にはバーミンガムの工場主M・ボールトンに会った。彼は、ワットのかけがえのないパートナーになる。
 1769年ワットはローバックの援助により、復水器をシリンダーから分離した蒸気機関に関する最初の特許を得た。1773年援助者のローバックが破産したが、かわってボールトンが協力を申し出て、1774年にはワット機関の特許権を得、翌1775年にはワットの特許権を25年間延長することに成功、バーミンガムに工場を経営するボールトン‐ワット商会の創業となった。1775年鉄器製造業者のウィルキンソンが大砲の砲身をくりぬく中ぐり盤を発明、これにより精確な蒸気機関用シリンダーが初めて製造可能になり、以後20年間、シリンダーはすべてウィルキンソンに注文されることになった。ボールトンとワットが製作した最初の機関はウィルキンソンの溶鉱炉の送風のためのものであった。この機関の成功によりコーンウォールの炭坑にワット機関が採用された。
 ボールトンは、ワットに万能的原動機として広い用途をもつ回転運動の機関の開発を要求した。ワットは、初めクランク軸と連接棒で機関から回転運動を取り出すというアイデアを得たが、それに関する特許は他人に取られてしまっていた。ところが彼の有能な助手W・マードックの暗示から、太陽歯車と遊星歯車の伝導機構を発明し、1781年に特許を得た。この伝導機構は1794年にクランク軸と連接棒の特許が満期になるまで採用された。1782年には同じ容積のシリンダーから2倍の動力を得る複動機関と、蒸気の膨張を利用する二つの重要な特許を得た。1784年にはパンタグラフの原理を使う平行運動機構を、1787年には負荷が変化しても速さを一定に保つ遠心調速機を発明し、これらの新機軸を取り付けることによって、複動回転蒸気機関を完成させた。1800年に彼の主特許である独立復水器の期限が満了になったが、その時までそれはそのままつくり続けられ、複動回転蒸気機関は最初に作業機の現れた繊維工場で急速に普及した。
 なお、ボイラーの煤煙(ばいえん)防止装置(1785)、圧力計(1750)などを発明し、「馬力」の単位による動力の測定も行った。仕事率の単位「ワット」は彼の名にちなんでいる。
 1794年、パートナーのボールトンのほかに、息子を加えて新しい企業を設立し、しだいに息子たちに事業を譲っていった。1795年、ソホに鋳物工場を設立してワット機関の大量生産に着手したが、息子たちは原価計算制と能率給を会社経営に導入した。1800年、主特許の期限が切れ、ボールトンとの共同事業も終わり、ワットも経営から身を引いた。
 その後、余生を楽しみながら、彫刻を複製する機械などを考案した。そしてバーミンガム郊外のヒースフィールドの邸宅で83歳の生涯を閉じた。彼の小さな屋根裏部屋の仕事場は、現在、ロンドン科学博物館に、蒸気機関とともに保存されている。[山崎俊雄]
『ディッキンソン著、原光雄訳『ジェームズ・ワット』(1941・創元社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワットの関連キーワードパーソンズ(Sir Charles Algernon Parsons)ウィルキンソン(John Wilkinson)マードック(William Murdock)ボールトン(Matthew Boulton)ダービー(Abraham Darby)ブラック(Joseph Black)機械(machine)ジェボンズの逆説自動制御ナスミスルニョー

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワットの関連情報