コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワニス varnish

翻訳|varnish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワニス
varnish

天然樹脂もしくは人造樹脂を油性溶剤ないし揮発性溶剤に溶解させた塗料。乾燥すると硬く透明で,耐候性と絶縁性にすぐれた塗膜になるため,油彩画やバイオリン,床,帆柱,木工家具の仕上げなどに用いられるほか,針金被覆紙やすりの結合剤などにも使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワニス(varnish)

樹脂を溶剤に溶かした塗料。顔料は含まず、光沢のある透明な薄膜を形成するもの。ニス仮漆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワニス

ニスとも。塗料の一種。油ワニス,揮発性ワニスなどの総称。油ワニスは樹脂を乾性油と加熱溶融しドライヤー乾燥剤)を加えてテレビン油,ミネラルスピリットなどの溶剤に溶かしたもの。
→関連項目エナメルペイント合成樹脂塗料コーパルシックハウス症候群ダマール展色剤塗料

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワニス【varnish】

透明塗料のこと。俗にニスともいわれる。通常,透明塗料は塗膜になる主成分(塗膜形成主要素)と副成分(塗膜形成助要素)とを溶剤に溶解して作られ,顔料は含まない。塗膜形成主要素には重合油天然樹脂合成樹脂セルロース,ゴムの誘導体など,高分子物質が使用される。塗膜形成助要素には,可塑剤,乾燥剤,硬化剤,皮張り防止剤,増粘剤,はけ目防止またはレベリング剤,たれ防止剤,防腐剤防カビ剤防食剤,紫外線吸収剤等多種類の化合物がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ワニス【varnish】

透明な被膜を形成する塗料。天然または合成の樹脂を溶媒に溶かしたもの。ボイル油や乾性油で溶かした油ワニス、揮発性溶媒に溶かしたスピリット-ワニスなどがある。ニス。仮漆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワニス
わにす
varnish

塗料の一種。固形の天然樹脂や合成樹脂(プラスチック)を有機溶媒に溶かして塗布すると、溶剤の揮発または含有成分の空気酸化によって乾燥し、顔料を加えないので滑らかな光沢のある透明な薄膜が形成される。略してニスともよばれる。大別すると、エタノールエチルアルコール)に天然樹脂を溶かした酒精ワニスや固形樹脂を乾性油または半乾性油に溶融して溶かし合わせ、さらに炭化水素系の溶剤に溶かした油(あぶら)ワニス、また炭化水素系の溶剤に樹脂を溶かしたスピリットワニス、天然ワニス、漆(うるし)などがある。[垣内 弘]
『児玉正雄ほか著『塗料と塗装』増補版(1994・パワー社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のワニスの言及

【塗料】より

…鉛丹も朱もヨーロッパでの応用は東洋より遅れていた。16世紀以降は,ワニス類が家屋や家具の塗装に使われるようになったものの,17世紀に至るまで,東洋の漆芸のような高級木工塗装はヨーロッパにはなかった。16世紀末に,インドからシェラックが導入され,これがフランス式木工塗装を生むもとになった。…

※「ワニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワニスの関連キーワード日立化成工業[株]ギャラリー・トーンエンパイアクロスセラックワニスカウリコーパルベルニサージュオイルステインシリコーン樹脂オイルペーパーデクパージュカウリゴムシェラックエナメル線エナメル革絶縁塗料ボイル油シンナーバルサム耐熱塗料ダンマー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワニスの関連情報