コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油樹脂 せきゆじゅしpetroleum resin

3件 の用語解説(石油樹脂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油樹脂
せきゆじゅし
petroleum resin

石油ナフサを熱分解して必要な留分を採取した残りの留分のうち,主としてC 5 およびC 9 留分から不飽和炭化水素を単離することなく,酸性触媒により固化したものを石油樹脂という。普通,分子量は 3000以下で,オリゴマーの範囲である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきゆじゅし【石油樹脂 petroleum resin】

石油化学工業で行われるナフサ分解の副生油の一部(不飽和性の高いジエン類)を原料とし,重合反応を行わせて樹脂状とした製品をいう。おもな用途は,紙のサイズ剤(紙質を高める目的で用いられ,インキの浸透性,平滑性,強度,安定性などを改良する),塗料,ゴム添加剤などである。石油樹脂の性状は原料と製法により大きく異なり,それによって用途もいろいろである。主原料はナフサ分解の重質不飽和留分であるが,副原料としてスチレンマレイン酸などが用いられることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石油樹脂
せきゆじゅし
petroleum resin

ナフサを熱分解してエチレンプロピレンブタジエンなどの有用な化合物を得ているが、それらを取り去った残りのC4~C5留分(主としてC5留分)あるいはC5~C9留分(主としてC9留分)を混合状態のまま重合して得られた樹脂をいう。原料のオレフィン留分の組成比率によって生成樹脂の性質が異なるが、分子量200~2000、軟化点5~160℃の透明な淡黄色ないし黄褐色の松脂(まつやに)状樹脂である。酸・アルカリに安定でかつ耐水性も良好。いろいろな有機溶剤によく溶ける。安価なので印刷インキの肉づけ剤、ゴム配合剤、粘着テープ用粘着付与剤、ホットメル接着剤、紙サイズ剤、塗料、布やコンクリートの防水などに広く用いられている。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石油樹脂の関連情報