一を聞いて十を知る(読み)イチヲキイテジュウヲシル

  • =万(ばん)を
  • =悟(さと)る
  • =知(し)る
  • いち
  • を 聞(き)いて=十(じゅう)を
  • 一(いち)を聞(き)いて十(じゅう)を知(し)る

精選版 日本国語大辞典の解説

(「論語‐公冶長」の「回也、聞一以知十。賜也、聞一以知二」による) 非常に賢くて理解がはやいことの形容。少しのことを聞いて、他のすべてのことがわかる。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「太子問道。聞一知十。聞十知百」
※今昔(1120頃か)二四「算(さん)を心に入れて教へけるに、一の事を聞て十の事を悟る様也ければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

物事の一端を聞いただけで、その全体を理解できるほど聡明である。非常に賢くて理解がはやいことのたとえ。

[使用例] 一をきいて十を知る勉強に踏み出しましょう。一を聞いて十を知る、それも自由学園の皆がもっている大きなねがいの一つです[羽仁もと子*教育三十年|1950]

[解説] 「論語―公冶長」の「回や、一を聞きて十を知る。賜や、一を聞きて二を知る」によることば。「回」は孔子弟子顔回、「賜」は子貢のこと。

〔英語〕A word to the wise is enough.(賢者には一言で十分)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

ものごとの一端を聞いただけで全体を理解できる、ということ。非常に賢くて理解がはやいことのたとえ。

[使用例] 元来これは本人すら無理な事をしているのですから、他人にはよほど通用しにくくなる訳であります。一を聞いて十を知ると云う事がありますが、一を見て十を感ずる人でなければできない事です[夏目漱石*創作家の態度|1908]

[使用例] 一をきいて十を知る勉強に踏み出しましょう。一を聞いて十を知る、それも自由学園の皆がもっている大きなねがいの一つです[羽仁もと子*教育三十年|1950]

[由来] 「論語こうちょう」に載っている、孔子の弟子、こうのことば。子貢とほぼ同い年の孔子の弟子に、非常に頭のよいがんかいという人物がいました。あるとき、子貢は、孔子から「おまえさんと顔回とは、どちらがすぐれていると思うか」と質問されます。子貢が、「顔回と比べるなんて、とんでもない。あいつは『一を聞いてもって十を知る(一つのことを聞いただけで一〇のことを理解します)』。私は、一つ聞いて二つを理解する程度です」と答えると、孔子は「私も顔回には及ばないよ」と述べたということです。

[解説] ❶顔回は、孔子にその才能を最も愛された弟子。子貢にライバル意識がなかったはずはありませんが、ここは謙遜して、大人の受け答えをしたのでしょう。孔子は孔子で、自分も顔回には及ばないと告白することで、子貢をなぐさめているのかもしれません。❷理解力がすぐれている場合はもちろん、応用力に秀でている場合にも用いることができるでしょう。

〔異形〕一を知って十を知る/一を聞いて十を悟る/一をもって十を知る。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android