一を聞いて十を知る(読み)イチヲキイテジュウヲシル

デジタル大辞泉の解説

一(いち)を聞いて十(じゅう)を知る

《「論語公冶長から》物事の一部を聞いただけで全部を理解できる。賢明で察しのいいことのたとえ。一を以て万(ばん)を知る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちをきいてじゅうをしる【一を聞いて十を知る】

〔論語 公冶長
物事の一端を聞いただけで、その全体を理解するほど、聡明である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち【一】 を 聞(き)いて=十(じゅう)を[=万(ばん)を]=知(し)る[=悟(さと)る]

(「論語‐公冶長」の「回也、聞一以知十。賜也、聞一以知二」による) 非常に賢くて理解がはやいことの形容。少しのことを聞いて、他のすべてのことがわかる。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「太子問道。聞一知十。聞十知百」
今昔(1120頃か)二四「算(さん)を心に入れて教へけるに、一の事を聞て十の事を悟る様也ければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一を聞いて十を知るの関連情報