コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一地一作人 イッチイッサクニン

4件 の用語解説(一地一作人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いっちいっさく‐にん【一地一作人】

太閤検地以後、1筆ごとの土地の耕作権を農民1名に限ったこと。荘園の土地支配制度における重層的な中間搾取や諸権利を否定した政策。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

一地一作人【いっちいっさくにん】

太閤検地で確立した農民支配の原則。荘園公領制下で同一地に重層していた土地に対する権利を否定して,検地帳に登録された一筆の土地にはそれを占有耕作する農民を1名だけ認め,彼を年貢負担者として確定し,中間搾取を一切排除した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いっちいっさくにん【一地一作人】

一筆の土地について、これを保持・耕作する権利を、ただ一人の農民に決めること。中世における土地の重層的な支配関係を否定したもので、太閤検地に始まる近世の土地・農民支配の原則とされた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一地一作人
いっちいっさくにん

太閤(たいこう)検地以後における土地・農民支配の原則。太閤検地施行以前の荘園(しょうえん)体制のもとにあって、土地所有・保有関係は一つの耕地に、荘園領主―名主(みょうしゅ)―作人―下作人など、各階層の収取権利が重なり合っていた。太閤検地は、この重層的な収取関係を「作合(さくあい)」(=中間搾取)否定政策を通じて排除した。たとえば、1587年(天正15)豊臣(とよとみ)秀吉の奉行(ぶぎょう)浅野長政(ながまさ)が若狭(わかさ)国(福井県南西部)に公布した法令には次のように記されている。
一、おとな百姓として下作に申つけ、作あいを取り候儀無用ニ候、今まて作り仕(つかまつ)り候百姓直納仕るへき事
一、地下(じげ)之おとな百姓、又は荘官なとに一時も平之百姓つかわれましき事
 この方針により、検地帳に書載された一筆ごとの耕地に現実の耕作者1名を登録し、彼に耕作権を保障して年貢負担の義務を負わせ、これまで名主やおとな百姓などが収取していた「作合」を排除した。これを一地一作人の原則という。
 この結果、これまで長百姓(おとなびゃくしょう)に隷属していた零細な直接耕作者農民も年貢を負担する一人前の百姓とする小農民自立政策が推し進められ、領主と農民は耕地を媒介として単一の支配・隷属関係をもつようになった。[北島万次]
『安良城盛昭著『幕藩体制社会の成立と構造』(1959・御茶の水書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一地一作人の言及

【太閤検地】より

…屋敷地を検地の対象とすることは太閤検地の特色の一つであるが,最も私有性の強固な屋敷地は,戦国大名は手を出すことができなかった。
[一地一作人と作合否定]
 検地は田畑の1筆ごとに竿入れして面積を測り,石盛をつけるが,その田畑を実際に耕作している百姓の名を検地帳に記載した。これによって百姓の耕作権は保証されるが,年貢納入の義務が負わされ,耕作を放棄して商工業者などに転ずることは許されなかった。…

※「一地一作人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone