コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一時帰休制 いちじききゅうせい

3件 の用語解説(一時帰休制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一時帰休制
いちじききゅうせい

不況によって企業の操業率が低下し,人手が余ったときに,従業員を一時的に休職させる制度。アメリカで行われているレイ・オフ (→一時解雇制 ) とは企業の業績悪化時などに一時的に解雇するものの業績が回復して再び採用を始めるときにはその社員を優先的に再雇用する制度である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちじききゅう‐せい〔イチジキキウ‐〕【一時帰休制】

操業短縮などの場合、従業員を一時的に休職させる制度。この間は休業手当が支払われる。レイオフ一時解雇のことであるが、日本では一時帰休制の意味にも用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一時帰休制
いちじききゅうせい

不況に直面した企業が、労働者を在籍させたまま一定の期間休業させる制度。帰休制と称する場合もある。ただし、使用者が労働者の意思を無視して一方的に雇用関係を解消すること(解雇)のうち、一定期間経過後に経営状態が好転すれば再雇用するという約款をつける一時解雇(レイオフ)とは区別される。一時帰休制は、企業が不況対策として行うものであることから、業務休職の一つの形態である。雇用関係が法的には継続されることから、人員の整理をめぐる労使の紛争や摩擦を回避し緩和することが容易であるという特徴をもつ。この制度は、労働者の就業を予定してはいるが、休業手当の水準、休業期間の程度、就業に際しての能力要素の加味などに関係して、事実上の解雇に道を開くことになる場合もある。
 日本では、1952年(昭和27)の綿紡績業の操業短縮の場合を皮切りに、その後1954年ごろからの石炭、造船、繊維、自動車部品業界における採用を経て、1957年の化学繊維業界でも実施された。
 1975年1月施行の雇用保険法により、景気の変動その他の経済上の理由に基づく事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、一定の要件を充足した事業主に、原則として休業手当相当額の3分の2が、雇用調整助成金などとして支給されることとなった。賃金負担の助成を通して失業を予防する効果が見込まれる。[三富紀敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一時帰休制の関連キーワード外部経済価格景気数量景気操業短縮内部経済価格破壊金融危機レピュテーションリスク副甲状腺機能低下症設備共同廃棄

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone