コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一楽織(り) イチラクオリ

3件 の用語解説(一楽織(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちらく‐おり【一楽織(り)】

縦・横とも染色した糸で綾織りにした絹織物。一楽編みに似ているのでこの名がある。綾糸織り。
一楽編み

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちらくおり【一楽織】

精巧な綾織りの絹織物。一楽編みに似た織物という。いちらく。
一楽編み 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一楽織
いちらくおり

変化綾(あや)(2/2破れ斜文)組織による絹織物の一種。その織物組織が、和泉(いずみ)(大阪府)の籠(かご)細工師の土屋一楽の創始した一楽編に似ていることから、西陣(京都)で創始したとき、それにちなんで付称され、また市楽織ともよばれた。織物の種類は、無地のほか縞(しま)一楽、星一楽、市松一楽、紗綾(さあい)形一楽などがあるが、いずれも甘撚(あまよ)りの練り糸を用い、平織と綾織とを組み合わせてこしのある風合いにしているのが特徴である。用途は普段着や外出着の着尺として、男女ともに用いられた。1887年(明治20)ごろには盛んに流行をみたので、西陣のほか、米沢(よねざわ)、八王子、桐生(きりゅう)、足利(あしかが)、十日町などの絹生産地で織り出された。その後は、高貴織あるいは綾糸織の名称でよばれたが、流行は明治時代までで、現在ではまったく衰退をみている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一楽織(り)の関連キーワード生織物擬風通練絹微塵縞綿繻子綾織竹杉綾織解し織諸織竜紋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone