一楽織(り)(読み)イチラクオリ

デジタル大辞泉の解説

いちらく‐おり【一楽織(り)】

縦・横とも染色した糸で綾織りにした絹織物。一楽編みに似ているのでこの名がある。綾糸織り。
一楽編み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちらくおり【一楽織】

精巧な綾織りの絹織物。一楽編みに似た織物という。いちらく。
一楽編み」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一楽織
いちらくおり

変化綾(あや)(2/2破れ斜文)組織による絹織物の一種。その織物組織が、和泉(いずみ)(大阪府)の籠(かご)細工師の土屋一楽の創始した一楽編に似ていることから、西陣(京都)で創始したとき、それにちなんで付称され、また市楽織ともよばれた。織物の種類は、無地のほか縞(しま)一楽、星一楽、市松一楽、紗綾(さあい)形一楽などがあるが、いずれも甘撚(あまよ)りの練り糸を用い、平織と綾織とを組み合わせてこしのある風合いにしているのが特徴である。用途は普段着や外出着の着尺として、男女ともに用いられた。1887年(明治20)ごろには盛んに流行をみたので、西陣のほか、米沢(よねざわ)、八王子、桐生(きりゅう)、足利(あしかが)、十日町などの絹生産地で織り出された。その後は、高貴織あるいは綾糸織の名称でよばれたが、流行は明治時代までで、現在ではまったく衰退をみている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android