コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七飯[町](読み)ななえ

世界大百科事典 第2版の解説

ななえ【七飯[町]】

北海道南部,渡島(おしま)支庁亀田郡の町。人口2万7040(1995)。函館市の北に接する。1615年(元和1)すでに和人の集落があった。19世紀初めから米作が行われていたが,1854年(安政1)に開港された箱館港に外国人が来るようになって全国に先駆けて西洋野菜が栽培された。近年は米,ジャガイモを産し,リンゴなどの果樹栽培が行われるが,都市化もすすんでいる。駒ヶ岳および大沼,小沼,蓴菜(じゆんさい)沼を含む大沼国定公園をはじめ,函館港などが見渡せる仁山高原横津岳などがあり,道南の観光拠点となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android