コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万之瀬川 まのせがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万之瀬川
まのせがわ

鹿児島県南西部,薩摩半島の南部を西流する川。全長約 30km。鹿児島市の権現ヶ尾 (485m) 付近に発し,南西流して川辺盆地に入り,麓川などの支流を合わせて北西に転じ,南さつま市加世田付近で大谷川,加世田川などを合わせて西流,吹上浜南部で東シナ海に注ぐ。流域は南薩地域の水田地帯を形成。急流部に甌穴群があり,南九州市の川辺などに水力発電所がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まのせがわ【万之瀬川】

鹿児島県薩摩半島南部を北西流する川。全長34kmで薩摩半島では最長。流域面積350km2。鹿児島市の南西部,薩摩半島の脊梁部にあたる山地に源を発し,川辺郡川辺町で麓(ふもと)川,永里川と合流,加世田市で大谷川,長谷川,加世田川などの支流を加え,吹上浜の砂丘を横断して東シナ海に注ぐ。川筋の山地は一般に低く,交通の便がよかったため,古来薩摩の中心部を形成していた。最上流部には江戸時代からスズ鉱山があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万之瀬川
まのせがわ

鹿児島県薩摩(さつま)半島部最大の河川。延長30キロメートル、流域面積381平方キロメートル。半島の脊梁(せきりょう)部にあたる鹿児島市錫山(すずやま)付近の500~600メートルの山地に源を発し、南西に流下し、のちに西北西に流向を変え、吹上(ふきあげ)浜で東シナ海に注ぐ。上流の錫山には薩摩藩政時代以来の錫鉱があり、中流部には川辺盆地、盆地下流の狭窄(きょうさく)部の河床は溶結凝灰岩で、多数のポットホールが形成されている。近年、鹿児島市の水供給不足を補うため、導水トンネル工事が行われ、一部の流域変更が図られた。[塚田公彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

万之瀬川の関連キーワード鹿児島県南さつま市金峰町宮崎川辺(鹿児島県)南さつま(市)加世田[市]清水の湧水川辺[町]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万之瀬川の関連情報