コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万之瀬川 まのせがわ

3件 の用語解説(万之瀬川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万之瀬川
まのせがわ

鹿児島県南西部,薩摩半島の南部を西流する川。全長約 30km。鹿児島市の権現ヶ尾 (485m) 付近に発し,南西流して川辺盆地に入り,麓川などの支流を合わせて北西に転じ,南さつま市加世田付近で大谷川,加世田川などを合わせて西流,吹上浜南部で東シナ海に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まのせがわ【万之瀬川】

鹿児島県薩摩半島南部を北西流する川。全長34kmで薩摩半島では最長。流域面積350km2。鹿児島市の南西部,薩摩半島の脊梁部にあたる山地に源を発し,川辺郡川辺町で麓(ふもと)川,永里川と合流,加世田市で大谷川,長谷川,加世田川などの支流を加え,吹上浜の砂丘を横断して東シナ海に注ぐ。川筋の山地は一般に低く,交通の便がよかったため,古来薩摩の中心部を形成していた。最上流部には江戸時代からスズ鉱山があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万之瀬川
まのせがわ

鹿児島県薩摩(さつま)半島部最大の河川。延長30キロメートル、流域面積381平方キロメートル。半島の脊梁(せきりょう)部にあたる鹿児島市錫山(すずやま)付近の500~600メートルの山地に源を発し、南西に流下し、のちに西北西に流向を変え、吹上(ふきあげ)浜で東シナ海に注ぐ。上流の錫山には薩摩藩政時代以来の錫鉱があり、中流部には川辺盆地、盆地下流の狭窄(きょうさく)部の河床は溶結凝灰岩で、多数のポットホールが形成されている。近年、鹿児島市の水供給不足を補うため、導水トンネル工事が行われ、一部の流域変更が図られた。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万之瀬川の関連キーワード鹿児島県薩摩郡さつま町柏原鹿児島県薩摩郡さつま町求名鹿児島県薩摩郡さつま町神子鹿児島県薩摩郡鹿児島県薩摩川内市中郷鹿児島県薩摩郡さつま町鶴田鹿児島県薩摩郡さつま町虎居鹿児島県薩摩郡さつま町永野鹿児島県薩摩郡さつま町広瀬鹿児島県薩摩川内市港町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万之瀬川の関連情報