コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅藤九郎 みやけ とうくろう

美術人名辞典の解説

三宅藤九郎

和泉流狂言師。明治34年(1901)東京生。名は萬介。野村萬蔵の弟で、三宅家第九代を継ぐ。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

みやけとうくろう【三宅藤九郎】

1901~1990) 和泉流狂言方。東京生まれ。五代野村万造の次男。中絶していた三宅藤九郎家に入り九代を襲名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宅藤九郎
みやけとうくろう

[生]1901.3.18. 東京
[没]1990.12.19. 東京
能楽師,和泉流狂言方。5世野村万造 (萬斎) の次男。前名野村万介,三宅万介。 1936年藤九郎家8世惣三郎信之の遺子みねの養子となって三宅家を継承,40年9世を襲名した。新作狂言,新作小舞の創作,稀曲・秘曲の復活上演を多数手がける。 62年芸術選奨文部大臣賞。 79年重要無形文化財保持者。著書に『狂言鑑賞』 (1943) ,『藤九郎新作狂言集』 (75) がある。長男は和泉元秀 (和泉流 19世宗家) ,次男は三宅右近。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三宅藤九郎
みやけとうくろう
(1901―1990)

能楽師。和泉流(いずみりゅう)狂言方。5世野村万造(隠居名、萬斎(まんさい))の次男として東京に生まれる。前名、万介(まんすけ)。1936年(昭和11)江戸初期以来の名家で、長く中絶していた三宅藤九郎家に入り、9世を襲名。79年重要無形文化財各個指定(人間国宝)の認定を受ける。写実味の濃い重厚な芸風。新作狂言作家の第一人者でその数は三十余番に及び、また希曲・秘曲の復活上演に努めた功績も大きい。著書に『狂言鑑賞』(増補改訂版『狂言の見どころ』)、『狂言物語』『藤九郎新作狂言集』など。和泉流19世家元である和泉元秀(1937―95)は長男で、次男に三宅右近(うこん)(1941― )がいる。6世野村万蔵は実兄。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三宅藤九郎の言及

【和泉流】より

…元光は大蔵流鷺流の芸系に加えられる日吉満五郎の教えを受けたと伝えられ,両流と同じ芸系にあることになる。元光の子山脇和泉元宜(もとよし)が1614年(慶長19)に尾張徳川藩に召し抱えられ,野村又三郎・三宅藤九郎らを傘下に加えて流儀を確立し,禁裏への参勤を主として京都での活動を続け,京流とも呼ばれた。宗家は代々山脇和泉と称し,元宜の後,元永・元信と継ぎ,元知の代に名古屋へ移住,元政・元喬・元貞・元業・元賀と継ぎ,明治時代になって元清が東京へ移住,元照・元康と継いだが中絶した。…

【野村万蔵】より

…息子のうち長男野村万之丞(1930‐ ),次男野村万作(1931‐ ),五男万之介(1939‐ )は狂言方として,四男四郎(1936‐ )は観世流シテ方として活躍している。また同じく人間国宝の狂言師9世三宅藤九郎(1901‐90)は実弟である。【羽田 昶】。…

※「三宅藤九郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三宅藤九郎の関連キーワード吉田喜重(よしだよししげ)三宅 藤九郎(9代目)[各個指定]芸能部門野村 萬斎(1代目)野村 萬斎(初代)山脇和泉(7代)三宅 庄市元信三宅藤九郎家3月18日和泉 元秀野村万作野村萬斎三宅右矩山脇和泉三宅庄市野村万蔵野村萬新作能小林

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三宅藤九郎の関連情報